よくある質問

iPhoneが熱くなっても冷蔵庫や氷で冷やしてはダメなわけ【iPhoneのよくある質問】

 

暑い夏、我々人間だけでなく機械にとっても嫌になる季節です。 iPhoneなどの精密機械のチップは熱に弱く、熱くなると正しく動作しなくなります。

そのため一定の温度を超えると機能制限モードになりカメラなどの機能が使えなくなることがあります。

クルマの中にスマホを置きっぱなしにしてしまって「高温注意」というメッセージを見たことがある人もいるかもしれません。

 

冷蔵庫や氷で冷やすのはNG

iPhoneが熱くなってくると冷やすために冷蔵庫や氷、アイスノンなどで冷やそうと考える方がいるかもしれませんが絶対にやめてください。

急速に冷却してしまうと、温度差によって内部結露が発生し、本体の中にできた水分によって基盤がショートしてしまいiPhoneが故障する可能性があります。

 

冷やしたいなら次の方法で

iPhoneを冷やしたいなら以下の方法を使いましょう。

 

電源を切って涼しい場所へ

iPhoneを冷やしたいなら、とりあえず電源をオフにしましょう。 スリープボタン長押しで電源を切っておけばOKです。 可能であれば日蔭など涼しい場所においておけばすぐに内部温度が下がることでしょう。

逆に言えば、冷房が効いた場所でも車のダッシュボードや窓際など強い日差しが当たる場所ではiPhoneは厚くなってしまうので気を付けてください。

 

空冷ファンを使おう

iPhoneを冷やすための冷却ファンが販売されています。 これはたいていはiPhoneに挟み込んで使うことで冷やすことができます。 スマホゲームなどを長時間プレイする際などは導入を検討したいアイテムといえます。

ゲーム専用のスマホを使うのもあり

ゲーム用に設計されたスマートフォンであれば、優れた冷却性能によって、長時間のゲームプレイでもパフォーマンスが落ちることはありません。 必要に応じて購入を検討してみましょう。 中華スマホなら、iPhoneの半分程度の価格でパワフルなゲーム最適化機種が購入することができます。

日本への送料無料&Paypalで安心決済のGEARBESTで見る

今すぐショップサイトへ

GEARBESTの使い方がわからない方はこちら

 

--

-よくある質問
-, , ,

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5