よくある質問

iPhoneは実はブラウザを変えても中身は同じ!?【よくある質問】

関連画像

iPhoneやiPadではWebブラウザーは標準搭載として『Safari』が用意されていますが、AppStoreから別のブラウザーをダウンロードすることも出来ます。 しかし他のブラウザーに切り替えてもレンダリングエンジンと呼ばれるブラウザの心臓部は他社のレンダリングエンジンではなく、WebKitというアップル製のエンジンが使われています。

パソコンはバラバラなのにiOSでは一緒

例えばInternet ExplorerはTrident、Microsoft EdgeはEdgeHTML(Blinkに変更予定)、ChromeはBlink、FirefoxはGeckoが使われています。

しかしiOS版はすべてWebKitが使われているわけです。

 

セキュリティが理由だと思われる

アップルがWebレンダリングエンジンを解放していない理由は公開されていませんが、Webブラウザのエンジンを制限するのにはセキュリティと考えるのが妥当です。

インターネットを利用するWebブラウザーは攻撃される可能性があるため、レンダリングエンジンのセキュリティホールが突かれる可能性が十分あるからです。

例えばWebサイト『iEmulators』なんかに行けばアップルが認可していないアプリケーションのインストールが出来るのも、Webブラウザーの欠陥と言えます。

各社のブラウザの独自性が失われていることはやや寂しい感じもしますが、その分機能で大きな差をつけているように思うので、これはこれで良いのかも知れませんね。

 

--

 

-よくある質問

Amazon プライム対象