Apple Watch

Apple Watch Series 6リークと噂に基づく分かっていること。

アップルウォッチの前回のメジャーアップデートであったApple Watch Series 4は30%大きいディスプレイと薄いボディ、ECG機能を備えています。Series 5はマイナーアップデートであり、唯一のアップデートは常時表示にようやく対応したことです。

この流れから行くと今年メジャーなApple Watchのアップデートが行われると思われます。

高速なSシリーズチップ

アップルはSeries 4、Series 5でS4チップを採用しました。2020年にはより効率化されたS5チップが使われると考えるのが自然です。これによりパフォーマンスの向上とバッテリー持ちの改善が期待されます。

 

設計とディスプレイ

外観の大きな設計上の変更は行われないと予想されています。AppleがディスプレイTouch IDを追加するという噂については今年はなさそうという見通しです。

Appleが将来MicroLEDディスプレイに切り替えるという噂に反して、今年は引き続きOLEDディスプレイを搭載していると予想されます。

またAppleはSeries 6からForce Touch関連のハードウェアを削除する可能性があります。これはWatch OS 7の内部からフォースタッチ機能がサポートされていないことから予想された物です。

 

血中酸素モニタリング

WatchOS7の内部ビルドでは、血中酸素レベルの検出が出来るようです。

血中酸素が低いと呼吸器系と心臓系のリスクが生じる可能性があります。またCOVID-19は低酸素レベルを引き起こす可能性があります。

 

心電図

Apple Watch Series 4では消費者向けECGサポートを追加しました。2020年の噂では、ECG昨日の改善を行い、今までよりも全体的なエクスペリエンスを改善すると共により多くの国で提供できるようになると言われています。

 

睡眠追跡

WatchOS 7はついにApple Watch Series 3、4、5の睡眠追跡をもたらしました。しかし昨日はかなり基本的な物で、睡眠の分析機能はほとんどありません。今後は他社製品のように睡眠アドバイス機能が追加されることが期待されます。

 

メンタルヘルス

Apple Watch Series 6はパニック発作やストレスレベルを検出するという噂があります。着用者のストレスを検出することで、深呼吸などを提案してくれる可能性があります。

低価格版

機能が制限された低コスト版Apple Watch Series 3が199ドル程度で発売されるという噂があります。これはフィットネストラッキングに特価した廉価モデルです。

 

[st-card-ex url="https://www.iphonehacks.com/2020/09/apple-watch-6-leaks-rumors.html" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

 

-Apple Watch
-

© 2020 iPhoneteq Powered by AFFINGER5