よくある質問

聞く本サービス「Audible」が定額からコイン制に…。

更新日:

「audible」の画像検索結果

Amazonが運営するオーディオブックサービス、聴き放題からコイン制にリニューアルオープンしていました!

聴き放題の時は結構重宝して使っていたのですが、コイン制になって1ヶ月実質1冊しか聞けなくなったのは大きな痛手。 とはいえ色々な本を聞くのではなく、1つの本に集中して聞けるようになったのは良いことなのかも知れません。

私的には非常に残念なリニューアルでしたが、色々と変更点があるようなのでサービス内容をご紹介しますよ。

 

新Audibleの良かった点

コイン制になって大きく変わったのは、コインで手に入れた本は契約終了後も利用できるということです。 つまり毎月1つコインがもらえる=毎月1冊オーディオブックを買うと同意義なんですよね。 なので欲しい本があるときだけ契約するという形でも全然問題ないと思います。

次に「返品制度が充実している」ことが良いと思いました。 1ヶ月1冊しか本を交換できないので、自分の肌に合わない本を選んでしまったらとても残念ですよね。 しかし1年以内に購入した本なら返品OK、返品後1コインは6ヶ月以内に使えばOKという精度なので、いらない本は返品することで従来に近いスタイルで本を読むことが出来ます。

 

新Audibleの悪かった点

これは言うまでも聴き放題の手軽さが失われたことでしょう。 映画も音楽も本も読み放題、見放題、聴き放題が当たり前の時代にAudibleはコイン制というのは結構しんどいです。

またコインを利用せずに単体販売で購入すると本の価格が非常に高価なのも気になりました。 これでは普通にオーディオブックを買う人はいないのでは?

 

まとめ

色々と書きましたが、日本ではオーディオブックがまだまだ普及していないこともあり、実質Audibleくらいしか選択肢がありません。 海外だと本を買うとオーディオブックがついてくるというのも珍しくないんですけどね…(中には有名声優の声で読んでくれる物もあったりするので日本でもやって欲しいです)

新しいAudibleはコイン制なので、自分で毎月1つずつAudibleのライブラリーを作りたい人にはいいかもしれません。 しかし色々な本を気分で聞くという人にとっては使いづらいサービスになってしまったなーというのが正直な感想です。 日本でオーディオブックが普及するのはまた遠のいてしまったかもしれませんね。

本は、聴こう。Audible(オーディブル) | Amazon.co.jp
本は、聴こう。Audible(オーディブル) | Amazon.co.jp

アマゾンのAudibleストア。Audible(オーディブル)で、本を「朗読」で聴こう。人気作家のベストセラーから名作まで、プロの声優や著名人の朗読で楽しめる。スマートフォン・ タブレット・パソコンで ...

続きを見る

--

-よくある質問

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.