Android

Android Auto、シンプルなUIとダークテーマで生まれ変わる。

Google I/O 2019で発表された内容はAndroid QとPixel 3aだけではありません。 Googleは現在既存のいくつかのサービスを改善するために時間を費やしています。 その中でも最も必要とされていた洗練されたアップデートをうけるのが自動車向けのAndroid Autoです。

新しいAndroid Autoのインターフェイスは古いマテリアルデザインのUIではなく、新しいマテリアルデザインのUIガイドラインに基づいて調整されています。 輪郭が描かれたアイコンややGoogle Sansなどによって構成され、ナビゲーションバーの改良、目をつかれづらくするダークテーマ、最大化された表示、改良された通知センターが導入されます。

新しいナビゲーションバーを使えば、他のアプリを使っているときにルート案内や音楽コントロールが同時に表示出来、すべてのことをかんたんに把握できます。 またスマートフォンに近いユーザーフレンドリーなUIで操作することが出来ます。

この新しいAndroid Autoは一部のユーザーからアップデートが既に提供が開始されているようです。 Googleは公式には2019年夏の後半に展開を予定しているとのことなので、順次配信になるものとおもわれます。 また新しいデザインはサーバー上で設定されたら有効になるため、最新のAPKファイルをインストールしても新しいUIは利用できません。

[st-card-ex url="https://www.xda-developers.com/android-auto-redesign-dark-theme/" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

 

-Android
-,

Amazon プライム対象