SIM

楽天モバイル、いよいよ自社回線への移行へ!

更新日:

格安SIMとして提供されていた楽天モバイルは、自社の独自ネットワークへの移行アナウンスを開始しました。

今後新規契約者から順次10月以降に交換SIMが送付される予定です。

 

自社回線は10月から

楽天モバイルはNTTドコモ、au(KDDI)の回線で契約できる格安SIM(MVNO)として現在は提供されていますが、いよいよ今年の10月に自社回線によるサービスを開始する予定です。

2019年3月14日以降に登録するユーザーは10月以降に専用SIMカードが順次送付され、届き次第交換を行うように案内されるとのこと。

契約中のプランなどはそのまま交換したSIMカードに引き継がれるようです。

なお現在契約中の場合は改めてアナウンスされるとのこと。

 

iPhoneは利用できない可能性

対応予定の端末は下記の通りです。

  • SHARP AQUOS R2 compact SH-M09
  • SHARP AQUOS sense2 SH-M08
  • SHARP AQUOS sense plus SH-M07
  • SHARP AQUOS R compact SH-M06
  • SHARP AQUOS sense lite SH-M05
  • HUAWEI nova lite 3
  • OPPO AX7
  • OPPO R17 Pro
  • OPPO Find X
  • NEC Aterm MR05LN(ルータ)

それ以外の端末についてはまだ動作保証外とのこと。 なお今後対応機種は拡大していく物と思われます。

 

殆どの地域ではau回線を利用

楽天モバイルは東京23区、大阪市、名古屋市で独自回線が提供され、その他の地域については準備が出来るまではau回線をローミングして利用することが出来るようになるとのこと。

楽天モバイル:自社回線への移行について
楽天モバイル:自社回線への移行について

楽天モバイルのネットワーク(MVNO)は、現在、ドコモ回線とau回線を利用していますが、2019年10月以降、順次自社回線(MNO)へ移行する予定です。

続きを見る

 

--

 

-SIM

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.