ニュース

電源をオフにしたiPhoneであってもマイクロフォンを使って盗聴&監視することが可能だと発覚。

投稿日:

元CIA・NSA職員のエドワードスノーデン氏の情報によると、

NSAは電源を落としたiPhoneであっても外部から操作して盗聴や監視することが可能だとのこと。

 

どういうこと?

NSAであればiPhoneの電源を操作して電源がオフであるiPhoneを起動、

通話情報やGPSを送受信することが可能だそうです。

技術的にはJailbreakMeのような技術を使ってiPhoneのデータを書き換えるそうです。

また、以前も米国製のルータやサーバに情報収集用のバックドアツールを密かに

書き換えて出荷していたという情報も明らかになりました。

GIGAZINE電源をオフにしたiPhoneのマイクロフォンを使ってユーザーを盗聴

どうやってNSAはiPhoneを盗聴するか(英語記事)

 

完全に電源を落とす方法

このような点から実はiPhoneは電源を切っていても

ハードウェアが動いているということがわかりました。

 

完全に一切の通信を行わないようにするには

DFUモードにするしかないそうです。

DFUモードとはiphoneのセーフモード起動のようなもので、

USBケーブル接続されたPCからのコマンドしか受け付けないようにするものです。

この状態でパソコンにつなぐとリカバリーモード扱いになります。

-ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.