Mac

macOS 10.15.6では、VMWare系仮想アプリがクラッシュする。

MacOS Catalinaにはいくつかの馬具があり、アップデートで何度も修正されました。しかし最近リリースされたMacOS 10.15.6ではVMWareやVirtualBoxのような仮想化アプリケーションがクラッシュする新しいバグがあります。

 

MacOS10.15.6に要注意

報告によると仮想マシンを起動するとMacOS 10.15.6では頻繁にクラッシュが発生します。つまりMacで仮想マシンをメインに作業している場合この問題は非常に重要な問題となります。

 

修正にむけてフィードバック中

この問題はMacOSのApp Sandboxコンポーネントを介してカーネルがメモリリークしていることが原因となっているようです。VMWareはこの問題を発見し、既にアップルに報告しています。将来的にアップルはソフトウェアアップデートでこの問題を修正せざる得ないと思われます。

現時点では回避方法はありません。アップルがアップデートしてくれるのを待ちましょう。

[st-card-ex url="http://www.iphonehacks.com/2020/07/vm-ware-virtualization-tools-crashing-macos-10-15-6.html" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

 

-Mac
-,

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5