Mac

Avastアンチウィルス、ユーザーデータをGoogleなどに販売。

Mac、Windowsバージョンで人気のウィルス対策ソフトAvastですが、ユーザーデータの収集に使われており、一部のデータはGoogleやIntuit、Microsoftなどに販売されています。

Avast無料・有料の人気ウィルス対策ソフト・セキュリティツールの選択肢を無料及び有償の両方の形式で提供されています。 このソフトウェアは非常に人気で、1ヶ月あたり4億3500万人を超えるアクティブユーザーがMacやモバイルデバイス、PCを使ってセキュリティソフトとして使っています。

データを収集・販売

このソフトウェアはソフトウェアを無償または安価に提供する代わりにユーザーデータを収集し、子会社Jumpshot経由で第三者の企業にデータを販売しています。 調査によると、AvastはGoogleなどの検索履歴、位置情報、Googleマップ履歴、Linkedin、YouTubeビデオリスト、アダルトサイトの視聴ビデオまで調べられていたとのこと。

データはある程度の匿名化は行われていたものの、検索履歴などのブラウジングデータからユーザーの個人と結びつけることは出来ると一部の専門家は主張しています。

 

様々な企業に販売

Jmpshotは収集したデータをGoogle、Yelp、Pepsi、Microsoftなど様々な大企業に販売しました。 データの収集は、最近までAvastのブラウザープラグインを介して行われていました。 ブラウザプラグインは疑わしいWebサイトや悪意のあるサイトを警告するという用途で使われていました。 しかし昨年10月にプラグインのデータ収集が見つかり、FirefoxやOpera、ChromeのアドオンストアからAvastは削除されました。

 

--

-Mac
-,

Copyright© iPhoneteq , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.