iPhone 12

iPhone 12シリーズ、5Gを使うとバッテリーは2時間以上少なくなる。

アップルはiPhone 12、iPhone 12 Proシリーズを発表しました。これらの機種が過去の機種と大きく異なる点は、5Gをサポートしているという事です。また5Gをサポートしているにもかかわらずアップルは昨年モデルと同じレベルのバッテリー寿命を提供するとしていました。しかし実際のテストでは5G環境ではバッテリーに大きな影響を与えるようです。

 

5Gはバッテリーを大きく消費する

Tom's Guideは新しいiPhone 12とiPhone 12 Proでバッテリーをテスト。ディスプレイ150nitで30秒ごとに新しいWebサイトを立ち上げるというテストを行いました。

AT&T 5G回線では、iPhone 12は8時間25分利用出来ます。これはiPhone 11の11時間16分から約3時間短縮されました。 4GモードのiPhone11の場合は10時間23分バッテリーが持ち、5Gモードよりは長持ちしたものの、iPhone 11よりも短い結果となっています。これはiPhone 12が大きくなっており、消費電力の高い6.1インチSuper Retina XDRディスプレイを備えているからと考えられます。

iPhone 12 Proの場合は5Gで9時間6分、4Gモードで11時間24分となりました。これには2時間以上のギャップがあります。

 

バッテリー容量もうちょい欲しいかも・・・?

Appleは小さなバッテリーを常に選ぶ傾向にあり、その結果他社よりもコンパクト&薄型デバイスであることを1つのウリとしています。今回スマホWebブラウジングが8時間~10時間動作するということですが、殆どの人にとっては問題ないものと思われます。

 

[st-card-ex url="iPhone 12 battery life results are in — and they’re not great | Tom's Guide" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

 

 

-iPhone 12
-, ,

© 2020 iPhoneteq Powered by AFFINGER5