iPhone 12

iPhone 12シリーズ、5Gはmmwaveとサブ6GHzの両対応が予定されますが、2021年に延期される可能性。

アップルは2020年後半に4つの新しいiPhoneをリリースする予定ですが、すべてが5G接続を特徴とします。これらのモデルではあまり他の5G端末では採用されていないmmWave及びサブ6GHz 5Gテクノロジーの両方が搭載されます。正しAppleは今後戦略を変更する可能性もあるようです。

 

両対応

DigiTimesの報道によるとiPhone12、iPhone12 Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの4つのモデルではmmWaveおよびサブ6GHz 5G接続がサポートされる計画となっています。ただし、地域によっては2021年のiPhoneに5Gのいずれかを搭載するように調整される可能性があるようです。

これは5Gネットワークを提供している世界中のすべてのキャリアはmmWaveまたはサブ6GHz 5Gテクノロジーを採用していますが、一部の地域では5Gネットワークが十分に提供されておらず、コストがかかることからカットしたモデルがリリースされるという予測になっているためです。

 

日本でも対応が期待される

日本ではいまいち盛り上がりに欠けている5Gネットワークですが、iPhone 12シリーズが対応することで、日本でも5Gネットワークへの注目が飛躍的に高まることが期待されます。

 

[st-card-ex url="http://www.iphonehacks.com/2020/07/iphone-12-mmwave-sub-6ghz-5g-change-2021-iphones.html" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

-iPhone 12
-

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5