Apple Watch

発売されたApple Watchで出来ること、出来ないこと。 疑問をまとめてみた。

アップルウォッチ、いよいよ発売されましたね。

そこで今回はアップルウォッチに関する疑問点をまとめてみることにしましたよ。

 

140910AppleWatchInsight3[1]

 

 

エディションの違い

アップルウォッチは2つの大きさバリエーションと

3つのバンドタイプ、さらに豊富なカラーバリエーションがあるので

選ぶのは難しいかもしれませんが

機能的にはどれも同じです。

 

違いはデザインだけなのでお金に余裕がなければ

アップルウォッチスポーツでも特に困ることはないと思います。

 

 

電話の仕方

本体の内蔵スピーカーとマイクで通話できます。

ただし近くにiPhoneがある場合です。

 

スピーカーから音がなるので

まわりに声は漏れてしまいますので

もし嫌な場合はBluetoothヘッドセットもあると便利でしょう。

 

 

アプリの管理について

アプリの管理は原則iPhoneで行います。

 

良さそうな点

 

豊富なデザイン

豊富なエディションに加えて

バンドも自由に変えられるアップルウォッチ。

文字盤のデザインも自由に変えることが出来ます。

 

 

実は便利なiPhone探す機能

iPhoneをなくしたときにこの機能を使えば

iPhoneから音がなりはじめてiPhoneを探す手助けになります。

部屋や仕事場でよくなくす人は必須かもですね。

 

健康管理も出来る

アップルウォッチは歩数計や心拍計などがついているので

運動を様々な形で記録してくれます。

記録した情報は「ヘルスケア」を通して

各種アプリとも連動するのでダイエットしたい人ももっておいたほうがいいかも。

 

 

悪そうな点

 

 

バッテリーの持ちは微妙

フル充電でもまる1日、

ほぼ機能が使えなくなる省電力モードで3日しか使えません。

さらにアプリを使えば、例えば電話すれば3時間で

電池が切れるのでまだ実用面では少し厳しいと思います。

 

そもそも高い

コストパフォーマンスでいえば似たような機能の

Android wearの「Moto X」

Microsoftの「Microsoft band」は200ドル以下ですし、

 

フィットネスの計測だけならFitbit、Jawboneなどなら

もっとリーズナブルです。

 

アップルウォッチに4万円払う価値があるかどうかは

迷えるところですね。

 

 

まだまだ改良できそう

アップル初ということでそれだけで価値があるのですが

実用面では改良できそうな点が多いです。

例えばわずか199ドルで発売されたMicrosoft bandでは

UVセンサー、皮膚ストレスセンサーなどがついていましたが

アップルバンドにはついていません。

 

 

--

 

アップルウォッチすごそうですね!

私はJawboneは腕に巻いてますが

スマートウォッチはまだ買ってないのでちかいうちどれか1つ解体と思います。

0 0 vote
Article Rating

-Apple Watch
-, , ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© iPhoneteq , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.