よくある質問

『iPhone 13』の噂を徹底まとめ!発売日や価格、新機能など。

 

スマートフォンで最も人気のあるiPhoneシリーズ。どうせ買うなら新型を解体と思っている方も多いと思います。iPhone 13またはiPhone 12sと呼ばれるようなiPhone 12の後継機種は今年の秋頃にリリースされると予想されます。

今回はiPhone 13またはiPhone 12sの特徴、価格、デザイン、そして気になる新機能などの噂をまとめてみました。

iPhone 13のモデルラインナップは4種類

2020年のアップル iPhone 12シリーズは、iPhone 12 Mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、iPhone 12 Pro Maxの4モデルでした。iPhone13のモデルラインナップは、iPhone 12と同じ4ラインナップになると噂されています。

大きさは変わらず、ケースなども流用できるマイナーアップグレードとなることが予想されます。iPhone 12シリーズと同じく、5G対応、Magsafeなどの機能対応が行われます。

  • コンパクトなiPhone 13 Mini - 5.4インチ
  • 通常サイズのiPhone 13 - 6.1インチ
  • カメラ性能が高いiPhone 13 Pro - 6.1インチ
  • 画面が大きなiPhone 13 Max - 6.7インチ

iPhone 13の名称、実は13ではないかも

AppleはiPhone 4Sから続くS系のラインナップをiPhone XS以来使っていません。このSシリーズはマイナーアップデートで使われていたモデル名ですが、今回は使用されている可能性があります。つまりiPhone 12Sとなる可能性が高いと考えられています。

"13"が使われない理由についてですが、アメリカでは13という数字は不吉な数字として使われないことが多いため、iPhoneも13はスキップされる可能性があります。例えばMicrosoftの製品でもWindowsの3D技術である『Direct X 13』は存在せず現在『Direct X 12 Ultimate』という名称が使われています。

しかしこの記事では便宜上iPhone 12Sを使わず、iPhone 13という名称のまま使わせていただきます。

iPhone 13の発売日は秋頃、詳細は?

iPhone 12ラインナップは、2020年は新型コロナウィルス拡大およびパンデミックの影響で工場の視察などを行うことが出来ず、テレワーク開発もうまくいかなかったことから発売日が1~2ヶ月遅れたと言われています。

iPhone 13シリーズについては、すでにこういった問題が克服されているため、9月~10月に発売されることが予想されています。9月中旬に発表、9月末から10月にかけて順次リリースされると思われます。

ただし新型コロナウィルスの状況によっては、生産国での仕事が制限され、十分な台数が用意できないために延期される可能性もあります。

iPhone 13のデザインはあまり変更されない可能性大

iPhone 12シリーズは過去モデルとは異なり、フラットエッジとフラットスクリーンを採用したシンプルな形状となり、過去モデルとはデザインが大幅に変更されました。iPhone 13シリーズでは同様のデザインが継承されている可能性があります。

ただしiPhone 13シリーズではすべりづらいように素材が変更されている可能性もあるという報道もあります。

またディスプレイの丈夫にある切り抜き部、ノッチについてもわずかに小型化される可能性があります。これはFace IDのテクノロジー、True Depthカメラが再設計されたことで小型化されるという報道があります。

True Depthカメラは、Xbox 360のKinect センサー技術を買収し小型化したもので、顔に複数の赤外線を照射することで、顔を立体的に読み込み、顔の形を認識します。

新しいカラーは『マットブラック』

既存のグラファイトカラーの代わりに濃いグレーのような淡い黒色、『マットブラック』が追加される可能性があります。ほかにもオレンジ色なども検討されているとのことですが、現時点ではオレンジは生産されていないという噂になっています。

iPhone 13の価格・ストレージについて

iPhone 12シリーズと大きく変わらない可能性があります。

iPhone 12 mini iPhone 12 iPhone 12 Pro iPhone 12 Pro Max
64GB ¥82,280 ¥94,380
128GB ¥87,780 ¥99,880 ¥117,480 ¥129,580
256GB ¥99,880 ¥111,980 ¥129,580 ¥141,680
512GB ¥153,780 ¥165,880

iPhone 13の新機能

iPhone 13にも新機能が搭載されると考えられます。

120HzのPro Motion ディスプレイ

iPad Proで搭載されているものと同じ最大120HzのPro MotionディスプレイがiPhone 13にもやってくるかもしれません。これは通常一秒間に60枚しか表示されないディスプレイを2倍描写し、最大120枚の絵を表示させることでなめらかに表示することが出来る技術です。

なめらかに表示することができるため、ゲームがより遊びやすくなったり、ブラウザーなどでページをスクロールする際もしゅるしゅるとバターなようになめらかにすべるようになるかもしれません。

高リフレッシュレートは省電力を大幅にアップしますが、Appleは10~20%の低消費電力化が出来るLTPOディスプレイを採用している可能性があり、またバッテリー容量をふやすことで従来と変わらない使用時間を実現している可能性があります。

なお現在他社のAndroidスマートフォンでは90Hz~144Hzの高いリフレッシュレートのスマートフォンが安価な廉価スマホ、高級スマホ問わず人気となっています。

指紋認証復活!?

iPhoneでもっとも復活が望まれている機能の1つに指紋認証Touch IDがあります。これは新型コロナウィルス拡大およびパンデミックの影響でマスクでは顔認証が役に立たないためです。アップルは対応としてApple Watchでセキュリティを弱めることでFace IDを利用できるようにする機能も提供していますが、根本的な解決にはなっていません。

Androidスマートフォンのようにディスプレイ埋め込み型の指紋認証が登場すれば、現在のデザインを崩すことなく指紋認証ができる可能性があります。

強化されたカメラ

カメラ機能についても強化される予定です。カメラセンサーはモデルによって最大47%大きくなる可能性があり、センサーシフト方式の手ぶれ補正が採用されています。センサーが大きくなることでより宇美しい写真が撮れるようになり、カメラレンズも強化されたことで暗い場所でもさらに美しくとれる可能性があります。

またフォーカスを早くしたり物を正確に認識しやすくできるLiDARスキャナーも搭載される可能性があり、これはiPhone 13 Pro、13 Pro Maxでのみ使用される可能性があります。

5Gの改善

iPhone 12ではつながりやすさ重視のSub6のみが日本で対応していました。しかし米国版では高速なミリ波とよばれる5Gも対応しています。最近の報道では、台湾のサプライチェーンがAppleにミリ波対応アンテナを大量に注文しており、iPhone 13シリーズではミリ波に対応している可能性があります。

この機種ではQualcomm X60 5Gモデムが採用されている可能性があり、従来よりも5Gでのパフォーマンスが上がるだけでなく、高速化や安定性向上も期待できます。

Rakuten Mobile 解約の流れ!とってもかんたんです。

先日楽天モバイルを解約しました!まだ無料期間中なのに解約した理由は、2台目の端末を割引で購入したかったからというだけで購入したからです。今回はせっかく解約したのでやりかたをご紹介します。 解約で知って ...

続きを見る

--

-よくある質問
-, , , ,

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5