よくある質問

この充電ケーブルは大丈夫!? MFI認証取得済みか確認する方法【iPhoneのよくある質問】

Appleの充電ケーブル「Lightningケーブル」はiPhoneやMacの一部周辺機器などで使われる充電ケーブルです。 周辺機器の一部はApple以外から発売されているものもありますが、粗悪品を防止するためアップルの認証であるMFI認証を通過していない場合、不具合を起こす可能性があります。

そんなMFI認証を調べる方法をご紹介します。

 

公式で調べるサイトがある

「MFi Licesed Accessories」を使えば、MFI認証突破済みかどうか簡単に調べることが可能です。

Safariから以下のページにアクセスし、Search CriteriaからModelやBrand、UPC/EANを選択してケーブルのメーカー名や型番を入力すると、MFi認証を本当に取得しているか確認出来ます。

[st-card-ex url="https://mfi.apple.com/MFiWeb/getAPS.action" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

 

MFi認証

MFi認証はアップルの正式認定済みの周辺機器であることを示すマークです。

上の画像のようなマークがパッケージのどこかに書いてあれば、認証済みの製品のはずですが、怪しいと思った場合は上のサイトから調べてください。

 

MFiは何故必要?

 

MFi認証がなかった時代、初期のiPhoneはLightningケーブルではなくiPodドックと呼ばれるケーブルを使っていました。 これはこれで便利なケーブルだったのですが、認証機能がなかったため、100円ショップやオンラインショップで未認可の充電ケーブルが大量に販売されました。

これは安く買えるので、多くの人が選んで使っていたのですが、粗悪品であるこれらのケーブルはiPhone本体に不安定な電圧で給電するため、バッテリーや基板にダメージを与え故障の原因になっていました。

実際、iPhoneのバッテリー持ちがすぐに悪くなったり、正常に動作しない原因になっていたとアップルは報告しており、またバッテリーが発火する原因にもなっていたためアップルはMFi認証により正式な充電器以外は給電出来ないようにしたのです。

 

MFIケーブルはAmazon Basicがオススメ。

 

どの充電器がいいのか迷ってませんか? そんなときはAmazon Basicのケーブルがオススメです。 このケーブルは純正Apple製ケーブルより安いだけでなく、丈夫なので充電ケーブルの先端が配線剥き出しになりづらいつくりとなっています。

ケーブルは結構壊れやすい、消耗品なので、高コストパフォーマンスなAmazon Basicケーブルはまとめ買いしておいて損はないですよ!

 

 

-よくある質問

Amazon プライム対象