よくある質問

Apple Watchの使い道 - みんなはスマートウォッチをどう使ってる?

さて人気コンテンツiPadの使い道に続き今回はアップルウォッチの使い道です。

Apple Watchってどう使えばいいのかわかりにくい商品ですよね。

そこでいろいろな機能をご紹介しますよ。

 

 

140910AppleWatchInsight3[1]

 

アップルウォッチの使われ方を研究

まずはApple Watchオーナーがどのようなシーンで使っているのか

調べたデータを確認してみましょう。

 

スウェーデンのストックホルム大学のモバイルライフ研究所は

7人の女性と5人の男性がApple Watchの使われているシーンを

34日間、1009場面を撮影し、分析しました。

 

figure1-e1448645157691[1]

 

時計として使う 50%

通知を見る 17%

ワークアウトタイマー 6パーセント

通知センター 6パーセント

アクティビティ 2パーセント

ワークアウト 2パーセント

Siri 2パーセント

App Lancher 1パーセント

アップルじゃないアプリ 1パーセント

その他のアップルアプリ 1パーセント

電話 1パーセント

地図 1パーセント

メール 0. 1%

 

アップルウォッチの使用時間

次にアップルウォッチオーナーの

使用時間を確認。

 

Wristly.comによるデータでは

2400名のユーザーが回答。

Apple watchユーザーの利用時間で

最も多いのは1日2~3時間で38パーセント。

次いで4時間~5時間は28パーセントのようです。

 

figure2-e1448645177317[1]

 

Apple watchで出来ること。

 

1.iPhoneを探せる

2015-05-04-19.19.33[1]

iPhoneがどこか分からなくなったときは

iPhoneを探す機能を使いましょう。

近くにあるiPhoneから

アラームを鳴らすことが出来ますよ。

 

2.時計として使う

20150408224015[1]

もちろんApple watchは時計として使えます。

時計のデザインは変更できるので

その日の気分に合わせて変えてもいいかも。

 

3.アップルウォッチ対応アプリを使う

20150425182445[1]

iPhoneの通知をApple watchで確認したり、

対応アプリではたとえばメモの確認、

Skype電話などいろいろ出来るようですよ。

 

4.アップルウォッチで運動する

 

20150423applewatch_fitness_apps[1]

 

Apple watchでは心拍数をはかったり

運動情報を測定可能なので

ワークアウトのお供にぴったり!

 

結果はiPhoneのヘルスケアで確認できます。

 

違う選択肢もある

日本語には対応していませんが、

iPhone対応のフィットネスバンド、

Microsoft Bandがあります。

 

スマートフォンと連動して、

着信の確認や心拍数の測定なども可能で

価格も安いので検討する価値はありますよ。

 

 

結論:スマホ中毒者にはいいかも

iPhoneの通知が気になって仕方がない人、

iPhoneを部屋の中でよくなくす人はいいかもしれません。

しかしながら特別優れているわけでもありませんし、

なくても困らないものという点は間違いありません。

 

今後進化していくかもしれませんが

いまのところは「欲しい人が買うべき」商品で、

「興味がある人に勧められる」商品ではなさそうです。

 

 

--

 

アップルウォッチいかがでしたか?

わりと面白い商品なのですが、

やっぱり決め手に欠けますね。

-よくある質問
-, , , ,

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5