よくある質問

寝ながらiPhoneの充電はイケないことなの?【よくある質問】

ANKER_PAKU8946_TP_V[1]

 

iPhoneの常識を確認するよくある質問コーナー。

今回は結構勘違いしている人も多いかもしれないこの問題についてです。

 

議題

iPhoneは寝る前に充電すると過充電になってバッテリーの寿命が悪くなるの?

 

なぜこんなことが言われるのか。

スマートフォンはリチウムイオン電池が使われています。

この電池は充電を繰り返すと徐々に充電が劣化していきます。

なので充電する回数が増えるにつれてバッテリーの持ちが悪くなってくる訳ですね。

 

アップルの公式サイトの情報によると、0%から満充電までを500回繰り返すと80%程度の最大容量になるんだとか。

 

つまり充電をしたままに長いこと置いておくとiPhoneのバッテリーが傷んでしまうのではないかといわれている訳ですね。

 

実はそんなことがない?

iPhoneにはバッテリーを管理する精密な保護回路や電子制御が行われています。

なのでiPhoneは80%くらいまでは高速にフルパワーで充電する高速充電、急速充電が行われるのですが80%以降、100%に近づくにつれてゆっくりと低電圧で充電してバッテリーを痛めずに優しく充電するトリクル充電を行います。 なのでバッテリーの寿命を考えるとゆっくりと充電できるため、寝ながら充電してもOKな訳です。

 

実際アップルの想定としては1日1回、寝る前に充電して朝充電器から取り外しを行い2年程度iPhoneを使うことが想定されているようですよ。

 

逆にバッテリーにいけない使い方とは?

バッテリーに良くない使い方は

 

・充電しながらスマホでゲームや動画を見る

・温度差の激しい場所で充電する(例車の中)

 

といったことが上げられます。 充電しながらゲームをすると発熱の原因になりバッテリーを傷めますし、車は温度が急に上がることがあるので、置きっぱなしで充電すると危険です。

 

 

結論

寝ながら充電してもOK、というかむしろそうすることが想定されてます。

 

ソース:

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

 

--

-よくある質問

Amazon プライム対象