よくある質問

16GBでも戦える!iPhone容量節約術【2015年版】

iPhoneの容量って気がついたらすぐ容量がなくなっちゃうんですよね。

そこで今回は容量を可能な限り節約するための

様々な知恵をご紹介します。 基本的なことからおさらいしていきますよ!

 

 

img_backup02[1]

「ストレージの空き容量がありません」と表示されたら

この記事をもう一度読み直してみよう。

対処方法のヒントが載ってます。

 

 

 

まずは容量を確保する

容量の確保が第1、整理術を身につける前に

まずはいらない物を削除してしまいましょう。

 

 

1.不要なアプリを見直そう

 

やはり一番重いデータは「大容量ゲーム」などのアプリ。

ホーム画面>設定>一般>使用状況>ストレージの管理

を選んで容量の大きなアプリを削除してしまいましょう。

 

容量が小さなアプリでも不要なアプリ、

使ってないアプリは積極的に削除して

普段から使うアプリだけに絞り込むといいですよ。

 

 

2.写真の削除

カメラロールを開いていらない写真を削除。

右上にある選択ボタンを選べばまとめて削除できます。

 

 

3.フォトストリームを無効にする

フォトストリームとはiCloudに自動で写真をアップロードする機能。

しかし1000枚分のバックアップデータがiPhoneにも作成されます。

なのでこの機能はオフにして置いた方が容量の節約になります。

 

 

4.ビデオの削除

写真と同じくビデオも削除しておきましょう。

写真よりビデオの砲が圧倒的に容量が大きいです。

 

 

5.ビデオの圧縮、アップロード

ビデオデータは容量が重たいので圧縮して残すか、

Youtubeなどにプライベートモードでアップロードするといいです。

→動画の圧縮方法

 

 

6.音楽も削除

ミュージックアプリに入ってる楽曲や

Youtubeのオフライン再生などでダウンロードしている動画なども

容量を食ってしまってます。 いらないものは削除してしまいましょう。

 

 

 

クラウドをフル活用しよう

Microsoft-OneDrive-logo-large[1]

容量の確保が出来たら、次はクラウドの使い方。

クラウドはデータをインターネット上に置くことで

容量を確保する技のことです。

 

データにアクセスするたびに通信するため

パケット制限に引っかかったりすることもありますが

容量の節約術としてはかなり便利な技なので是非活用しましょう。

 

写真はGoogleフォトをメインに使うと便利

写真データはGoogleフォトにアップロードするのが簡単です。

写真の容量制限なしにアップできるので、

撮った写真はとりあえずここに転送しておくといいでしょう。

 

音楽はGoogleミュージックを使うと便利

音楽ファイルはGoogleミュージックにアップロードすると便利です。

5万曲までアップロードすることが出来るので

あなたのお手持ちの音楽データはたぶんほぼ全てアップできます。

 

アップロードしたデータはストリーミング再生はもちろん、

お気に入りのプレイリストだけオフライン再生に設定すれば

パケット通信なしで聞けるようにも出来ます。

 

 

連携アプリIFTTTをフル活用しよう

IFTTTはサービスとサービスを繋ぐアプリ。

たとえば写真を撮ったらOnedriveに保存、

天気予報を毎朝通知など

様々な連動機能があります。

 

上手く使えば容量や時間の節約になります。

 

 

メモ帳はOneNoteにお任せ!

メモはOneNoteにとると便利です。

クラウドで保存できるだけではなく多機能ですし、

ノート毎に分類してまとめたりも出来ます。

 

 

 

--

 

容量活用術、いかがだったでしたか?

是非実践して容量を節約してみて下さいね。

-よくある質問
-, , , , ,

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5