Android

「Xperia1のカメラを徹底調査!」他社スマホと比べてどうなの?

更新日:

ソニー初の

トリプルカメラスマートフォン、Xperia1の比較が多数海外でも登場しているのでいくつかご紹介したいと思います。

 

Xperia 1のスペック

まずはさくっとXperia 1のスペックをおさらいしたいと思います。

 

本体:アルミフレーム;ゴリラガラス6オンバックフロント;167x72x 8.2 mm弾;178グラム;IP 65/ 68入力保護等級;

カラーオプション:ブラック、グレー、パープル、ホワイト
ディスプレイ:6.5インチOLED;アスペクト比21:9;4K(1644x3840ピクセル);643ppi;HDR BT .2020;DCI-P3色空間
リアカメラ:メイン:Motion Eye12MP(1/2.6インチExmor RS)、f/1.6アパーチャ(ISO3200)、26mmレンズ、デュアルフォトダイオード;12MP(1/3.4インチ)望遠、f/2.4、52mmレンズ;12MP(1/3.4インチ)幅、f/2.4、16mm

カメラの機能:Predictive Capture(モーション/スマイル (Motion/Smile))、最大10fps AE/AEトラッキングによるAutofocusバースト;自動焦点;予測ハイブリッド自動焦点;歪み防止シャッター;インテリジェント・アクティブ・モードのオプティカル・スタディショット(5軸EIS+OIS);RAWノイズ低減

ビデオキャプチャ:4K(16:9または21:9)、FullHDでのスーパースロー再生960fps

フロントカメラ:8MP(1/4インチセンサー)、f/2.0固定焦点

チップセット:Snapdragon855チップセット、オクタコアプロセッサ(1x 2.84 GHz Kryo485および3x 2.42 GHz Kryo485および4x 1.8 GHz Kryo485)、Adreno640GPU

メモリ:6GBのRAM+64/128GBのストレージ;最大512GBのmicroSDカードをサポート

OS:Android 9.0 Pie

バッテリー:3330mAh Li-Ion;USB電源供給高速充電;Smart STAMINA、バッテリケア、Xperia適応充電

接続性:デュアルSIM/シングルSIMオプションが利用可能(市場依存);5CA LTE4x4MIMO、19LTE(最大1.6 Gbpsのダウンロード速度);USB 3.1 Type-C;Wi-Fi a/b/g/n/ac;GPS+グローナス;Bluetooth5.0;NFC

オーディオ:ハイブリッドステレオスピーカーのセットアップ、Dolby Atmos、DSEE HX、LDAC、Qualcomm aptX HD

その他:側面実装型指紋リーダ、X1モバイルエンジン用、TRILUMINOSディスプレイ、モバイル用BIONZ X(自動焦点);シネマティック動画撮影用 「Cinema Pro」 アプリ

 

Xperia1のカメラの評価

 

Xperia 1は背面トリプルカメラを実装したソニー初のスマートフォンです。 基本的なセットアップは以下の通りです。

  • メイン: 12MP(1 / 2.6 ")、f / 1.6、26mmレンズ、デュアルピクセルPDAF、OIS
  • 望遠: 12MP(1 / 3.4 ")、f / 2.4、52mmレンズ(2倍ズーム)、PDAF、OIS
  • ウルトラワイド: 12MP(1 / 3.4 ")ウルトラワイド、f / 2.4、16mmレンズ、固定焦点

ソニーは長年にわたりカメラを重視したスマートフォンを構築してきました。 特に960fpsフルHDスローモーションビデオキャプチャをいち早くスマートフォンで実現させるなど、画期的なカメラ機能の追加でも功績をあげてきています。

一方で近年他社スマートフォンのカメラ性能の向上により、Xperiaシリーズのカメラは「他社よりも数歩劣る」感じは否めないものとなっていました。

しかし今回Xperia 1にはいくつかの新しいカメラ機能があります。 たとえば光学式手振れ補正です。 光学式手振れ補正は従来の5軸EISシステムの利点があるだけでなく、暗い場所でも写真を正確にとらえることができます。

またEye AFとよばれる新しい機能もあります。 これは人間の目を追跡し、フォーカスすることができる機能で、複数の人がフレームに入ってきてもカメラが適切なトラッキングを行います。 しかしこのテクノロジーはまだ実用化には早すぎるとソニーも認めており、一般的なフェイストラッキングと併用することで問題を解決しています。 ソニーは顔の追跡は被写体の顔の向きに関係なく、モバイル市場で最も優れているとアピールしています。

連続バーストは気の利いた機能です。 Xperia1はそれぞれのショットのためにオートフォーカスとオート露出で最高10fpsmのレートで静止画をとらえることができます。 ほとんどのケースで宣伝通りの機能を確認できますが、ウルトラワイドアングルカメラは連射撮影では利用できないのをご注意ください。

残念ながらこのスマートフォンのウルトラワイドカメラは他社よりも時間がかかるという欠点も抱えています。

 

カメラの画質

 

メインカメラ

Xperia 1のメインカメラは画面にフィットする倍率では綺麗です。 色は豊かで、露出は強調され、コントラストも素晴らしいです。 1;1ピクセルレベルでズームインするとノイズがはっきりと見えますが、情報量は多く表示されます。

 

HDR

フラッグシップスマートフォンの中で最高のものではありませんが、ダイナミックレンジも良好です。 手動モードでHDRを強制的に利用し、必要に応じてダイナミックレンジを改良する必要があります。 自動モードにはバックライトシーンモードもありますが、必ず自動で選択してくれるわけでもありません。

ほとんどの競合スマートフォンはAlways on HDR機能がありますが、ソニーのXperia1には搭載されていません。 HDRを手動で有効にするとこの機種の売りであるEyeAFは利用できません。 またProモードではカメラの切り替えもできないので、テレカメラに切り替える良いいつの方法はピンチズームによるものです。 このモードからウルトラワイドカメラに切り替える方法は存在しません。

これらの奇妙な数々の欠点をのぞけばHDRはハイライトの詳細を維持するのに効果的です。 蔭への影響は目立つほどのものではなく、それほど効果があるとも思われません。

 

望遠カメラ

望遠カメラの1200万画素の画質はメインカメラと同じくらいいいものです。 少しくらいf2.4レンズがありますが、ダイナミックレンジはよく、OISはシャープな写真を撮るのに役立ちます。ここでの欠点は望遠レンズのオートフォーカスが一般的なスマホほどよくないということです。

 

超広角カメラ

1200万画素の超広角カメラはたてものがゆがんでいるのが気になるなら、設定で補正することもできます。 ディテールを犠牲にすることもありますが、トレードオフとして満足できます。このカメラの色も非常にポップなものです。

 

夜景撮影

光量が少ないシーンでもXperia 1は優れています。 自動モードは手が安定しているかを検出し、三脚が取り付けられていなくても三脚アイコンを表示します。 これは撮影に数秒かかり、とてもきれいな写真を撮影できます。 しかし夜景モードではありません。 かわりにシャッタースピードを1秒に落とします。 長時間露出ショットにより、OISを使って手振れを感じさせないようにします。

Xperia 1で綺麗なくらい写真を撮るのに三脚やナイトモードは不要です。 一方で光量が少ないシーンでは望遠カメラが利用できなくなります。 しかしウルトラワイドアングルは利用できます。 ウルトラワイドアングルも優れていますが、メインカメラほどではありません。

人物撮影でも比較的良い働きをします。 ぼかしは自然で、被写体との分離も良好ですが、完ぺきではありません。 一部の人物は油絵のようなアーティファクトになります。 それでもほとんどのシーンでは問題なく撮影できます。

しかし一方で残念ながらポートレートで写真を撮ると処理が間に合わなくなりカメラが数秒間反応しなくなります。 また撮影中に何度かアプリがクラッシュしたようです。

セルフィーカメラ

自撮りカメラについては800万画素のセンサーが搭載されており、たくさんの光がある環境では非常に柔らかい写真が撮影できます。 インカメラの性能は他社と比べて極めていいとはいえるものではありません。

Sony Xperia 1 review: Triple camera: hardware and photo quality, selfies
Sony Xperia 1 review: Triple camera: hardware and photo quality, selfies

The Xperia 1 is the first Sony smartphone to be equipped with a trio of cameras on the back. A fairl ...

続きを見る

カメラ比較

Xperia 1 とiPhone XS Maxを比較する

明るいiPhone XS Maxと濃いめの色づくりが特徴的なXperia1。

 

こちらの写真ではXperia1の方が高いコントラストで綺麗に見えますが、一方背景の緑のディテールはiPhone XS Maxの方がよさそうです。

 

草の色は全く違う色に。 なんとなくXperia1の方がリアルな気がしますが、iPhoneの絵作りもいいですね。

 

食べ物の写真はXperia1の方がおいしそう。

 

夜景撮影もXperiaの方がくっきり暗く、iPhone XS Maxは明るく撮影されるようです。

Sony Xperia 1 vs iPhone XS Max - Camera Shoot-Out Comparison - YouTube
Sony Xperia 1 vs iPhone XS Max - Camera Shoot-Out Comparison - YouTube

続きを見る

 

Xperia 1 vs Galaxy S10+を比較する

これは動画テストも兼ねているようなので、ぜひ動画でご確認ください。

手振れ補正、コントラストなどはGalaxy S10+の方が有利ですが、くっきり感はXperia1の方が高いかもしれません。

 

4大比較(Xperia 1 vs P30 Pro vs Galaxy S10+ Pixel 3 XL)

現在人気の4台のフラッグシップスマートフォンの比較。

流石にフラッグシップ4台を並べると好みのレベルではありますが、くっきり目なXperia1の絵作りが好みの人も多いかと思います。

Xperia 1 vs P30 Pro vs Galaxy S10+ vs Pixel 3 XL - Camera Comparison - YouTube
Xperia 1 vs P30 Pro vs Galaxy S10+ vs Pixel 3 XL - Camera Comparison - YouTube

続きを見る

 

中華スマホと比較(Xperia 1 vs Honor p20 Pro vs Redmi k20 pro vs Oppo reno Z)

なんやかんやでファーウェイ強いなあという印象ですがXperia 1も検討していますね。

しかしこの中でダントツに安いRedmi K20 Pro(4万円台から)が検討しているのはさすがとしか言いようがありません。

Xperia 1 vs P30 Pro vs Galaxy S10+ vs Pixel 3 XL - Camera Comparison - YouTube
Xperia 1 vs P30 Pro vs Galaxy S10+ vs Pixel 3 XL - Camera Comparison - YouTube

続きを見る

 

Xperia 1のカメラ、そこそこいいんじゃない?

最近のXperiaは良くも悪くも「ソニーファンだけのもの」というイメージがありましたが、今回のXperiaのカメラは他社の競合と比べても引けを取らないレベルにまで上がったように思います。

また映画視聴に最適な画面サイズや4KHDRのサポートなど他社にはない独自の機能も備えています。

国産スマートフォンメーカーでフラッグシップスマートフォンを作っているのは実質ソニーだけになりましたがこの勢いでスマートフォンも人気が出るといいですね。

--

 

-Android
-, , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.