周辺機器 周辺機器レビュー

「Xiaomi AMAZFIT HEALTH BAND」レビュー! 健康機能がぎゅっと詰まったヘルスバンド。

投稿日:2017/06/10 更新日:

Huami%20announced%20Amazfit%20Health%20Band%20-%20news%206[1]

 

Xiaomiといえばアップルウォッチに次ぐ世界第二位のスマートバンド・スマートウォッチメーカーですが、そのXiaomi子会社でフィットネスアクセサリーを作っているHuamiというブランドから新しいヘルスバンドが発売されました。 XiaomiブランドでもXiaomi Band 2が発売されていますが内容的にはよく似た背品のようです。

 

HuamiはAmazfitと呼ばれる独自のフィットネスブランドを持っており、今回の最新型「Amazfit Health Band」をGEARBEST様よりサンプルを提供して頂きました。 関係者の皆様ありがとうございました。

 

→GEARBESTでXiaomi AMAZFIT HEALTH BANDをチェックする

 

Huami%20announced%20Amazfit%20Health%20Band%20-%20news%202[1]

この製品の特徴は従来のXiaomi Mi Bandシリーズとは異なり、付けているときは常に心拍数を測定してくれるというものです。 これによりバンドは標準心拍数を計測し、異変があれば警告してくれるとのこと。 あなたが疲れていたり、運動したり、座りっぱなしならそれを認識します。 健康情報はアプリまたは0.42インチのOLEDディスプレイで確認できます。

 

Amazofit Health Bandはアルミとステンレスで作られ、水しぶきにも耐えられるIP67を取得しています。

バッテリーは最大7日間動き、マグネットの専用充電器で充電できます。

 

WP_20170530_20_39_50_Raw_LI

 

基本スペック

・循環器の健康指数、心拍変異度(HRV)、心拍数、睡眠モニタリングが可能

・歩数やカロリーの測定が可能

・活動データから健康情報を表示

・簡易防水デザイン

・Android・iOS対応

 

仕様

モデル:AMAZFIT HEALTH(A1607)

Bluetooth: v4.0

防水性能:IP67

 

機能:着信、メッセージ通知、アプリ通知、ヘルストラッカー、心拍数トラッカー、ペドメーター、カロリー、睡眠計測、時計、アラームなど

 

液晶:0.42インチ 有機ELディスプレイ タッチボタンあり

 

WP_20170530_20_40_48_Raw_LI

 

Mi Band 2との違い

「Xiaomi Mi Band2」と「Huami Amazfit Health」は兄弟機のようで、液晶の表示や機能面ではかなり似ています。

しかしMi Band 2は「Mi Fit」アプリで同期するのに対し、Amazifit Healthは「Amazfit Health」で同期します。

 

・Mi Band 2の方がバッテリー持ちが高い

・Mi Band 2の方がサードパーティの対応アプリが豊富

・Mi Band 2のアプリは英語対応

 

・Amazfit Healthは心拍数を常に記録

・歩数測定などの精度が良くなった?

・HRVや健康指数などの機能が追加

・アプリがMi Fitより豪華

 

→Xiaomi Mi Band 2のレビューはこちら

 

WP_20170530_20_38_50_Raw_LI

 

Amazfit Health アプリの入手が大変

現時点ではグローバルで販売されておらず、中国圏でのみ販売されているらしくアプリの入手が大変です。

おそらくiPhoneで使うには日本のiTunesストアでアプリがないため中国のiTunesアカウントが必要になると思われます。

ただ他のAmazfit向けのAmazfitアプリ、Amazfit Watchアプリはあるようなのでそのうち日本向けにも配信される物と思われます。

Androidの場合はAmazfit Healthの本体付属のQRコードからサイトにアクセスし、直接apkをダウンロードしてインストールすることが出来ます。

 

Screenshot_2017-05-30-20-56-08-890_com.opera.browser

将来的に英語版が全世界のストアに配信される物と思われますが、少し実験的ですね。

ちなみにGoogle Play Storeからダウンロードしたアプリがあるとインストールできなかったので事前にAmazfitアプリはアンインストールしておきましょう。

 

Screenshot_2017-05-30-21-04-04-523_com.google.android.packageinstallerScreenshot_2017-05-30-22-23-11-882_com.google.android.packageinstaller

アプリは中国語だが情報が豊富

 

Screenshot_2017-06-03-23-45-00-516_com.huami.midongScreenshot_2017-06-03-23-46-20-309_com.huami.midong

Amazfit Healthアプリ自体は中国語。 将来的には英語に対応すると思いたいですが、中国語でも我々日本人は漢字でなんとなく読めるのでそれほど困らないでしょう。

 

上からHRV、循環器健康指数、心拍数、歩数、睡眠の5つの項目となっています。

タップすると詳細の情報が見れます。

 

HRV、循環器健康指数がAmazfit Healthの銀色の部分を計測が終わるまで数秒間押さえ続けると計測できます。

これだけで詳細な情報が分かるのはハイテクな感じがしますね!

 

Screenshot_2017-06-03-23-45-37-490_com.huami.midongScreenshot_2017-06-03-23-45-28-245_com.huami.midong

アプリの中にはフィットネスメニューを表示してくれる物も。

部位を指定したトレーニングや目的別で探すことも可能。

また、ランニングなどをスマホと連携して測定する機能もついています。

 

WP_20170530_21_17_33_Raw_LI

 

総評

デザインも高級感があり良いですし、装着感も自然です。 バッテリーも7日も持てば通常は十分すぎるくらいではないでしょうか。

健康周りの機能がMi Band 2よりも大幅にパワーアップしており、Xiaomiが本気でフィットネスブランドに力を入れていることが分かります。

 

反面現在中国語しかサポートされていないというのは日本人の我々が使う上で少し抵抗があるかもしれません。

英語対応のアップデートが早く来ると良いですね。

 

全体としての満足感は高い製品かと思います。 安価なヘルスバンドを探していて、ワンランク上の機能を備えた製品を狙っている人は是非チェックしてみて下さい。

 

ショップで見る

→GEARBESTで見る

→GEEKBUYINGで見る

 

--

-周辺機器, 周辺機器レビュー
-, , , , , , , ,

Top

Copyright© iPhoneteq , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.