ニュース

アップル、Genius Barにて「iPhone 6s/6s Plus」の画面部品交換修理サービスを開始。

更新日:

[`yahoo` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

アップルは日本国内のApple Store内のGenius Barにて

最新のiPhone、iPhone6sとiPhone6s Plusの

ディスプレイ交換修理サービスを開始していることが分かりました。

 

スポンサーリンク

 

iphone-broken[1]

 

時間短縮!

今までiPhone6s/6s Plusは画面修理対応出来なかったため、

画面に損傷がある場合も本体交換となっていました。

そのためユーザーはバックアップをとったり、

修理前後に多くの時間をとられてしまいましたが、

Genius Barでディスプレイ部品のみの修理が可能となったことで

修理時間の短縮が見込めるようになります。

 

AppleCare+に加入している場合は両デバイスとも11800円。

加入していない場合は6s 14800円、6s Plus 16800円となります。

 

壊れる前に。

ディスプレイはなんだかんだで壊しやすいもの。

ちょっと外出中にiPhoneを落としたら

ディスプレイが壊してしまうという経験をしたことが

ある人もいるのではないでしょうか。

 

そんな時に備えてタフタイプのケース、

高い強度のガラスフィルムを使うことをおすすめします。

 

 

タフケースとは?

丈夫なケースに中がクッション構造になっており、

iPhoneの衝撃を守ってくれるというもの。

落下時の衝撃を大幅に抑えてくれます。

 

迷っている方はたとえばこちら。Spigenの耐衝撃カバーなら

米軍MIL規格取得済みなので安定した耐久性能です。

 

 

ごつすぎるよ!という方はこちらのようなスリムタイプ。

カラーも選べるのでおしゃれもできますよ。

 

 

ガラスフィルムとは?

シートではなくガラスで守ってくれるというもの。

丈夫なので万が一割れるほど力が加わっても

先にこちらが割れて圧力を分散します。

 

 

 

http://www.macotakara.jp/blog/support/entry-28565.html

 

--

 

タフケースはかならずつけておきたいものですね。

スポンサーリンク
[`yahoo` not found]
Bookmark this on Google Bookmarks
LINEで送る
Pocket

moppy

モッピー!お金がたまるポイントサイト

-ニュース
-, , , , , , , , , ,

Top

Copyright© iPhoneteq , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.