ニュース

アップル、日本企業に圧力? 公正取引委員会が調査へ。

更新日:

アップルのiPhoneの多くの部品は実は日本企業で製造されている技術が使われていますが、一部の知的財産が日本企業から無償で提供されていたことが公正取引委員会によって明らかになりました。

アップルの圧力、日本のサプライヤーに向けられる

日本企業側が部品の製造のための技術や知識の提供については「知的財産権の侵害である」としてアップルに抗議、契約の修正を求めるとアップルは取引解消の圧力をかけていたとのこと。 そのため日本のテクノロジーがアップルに無償で提供されていたという問題が発覚し、独占禁止法違反の疑いで公正取引委員会が調査を行っています。

他にも部品の価格を下げるのを強要し、他社への部品の取引を禁止する、問題が発生したときの負担は日本企業側に支払わせるなどの契約を求めていたようです。

日本では圧倒的な力を持つアップル

アップルは現在日本のスマートフォン市場に置いてトップシェアを持っており、多くの部品メーカーもアップルのiPhoneで使われることで膨大な利益を得ています。 アップルが実際にどのような契約を求めていたのかは調査が進まないとわかりませんが、今のところアップルはコメントを出していません。

またアップルはYahoo Japanのスマホ用ブラウザゲームについても不当に圧力をかけていた疑いが持たれています。

 

Japan's FTC investigating Apple over pressure on parts makers: Mainichi - Reuters
Japan's FTC investigating Apple over pressure on parts makers: Mainichi - Reuters

Japan's Fair Trade Commission is investigating Apple Inc over its pressure on Japanese parts makers ...

続きを見る

-ニュース
-, ,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.