ニュース

Apple、Siriの会話を分析することをやめると発表、ユーザーが同意した場合のみへ。

更新日:

音声アシスタントサービスでは、音声認識の精度向上のために委託業者がユーザーとSiriのやりとりの記録を確認することがあります。 これがプライバシー侵害ではないのかという報道が合ったのに対し、アップルは現在はこの評価システムを停止しており、今後はユーザーが許可した場合のみ音声を評価すると発表しています。

 

実は殆ど使われていない

アップル製品の音声アシスタントサービスSiriはユーザーの会話を録音し、クラウドサーバーに送られた後委託業者に贈られて音声認識の精度向上のための分析が行われます。

これはGoogleやAmazonといったほかの音声アシスタントサービスを提供している企業も行っていますが、アップルはプライバシーを重視しているとアピールしているだけにこの報道は大きく報じられました。

アップルはこの問題に対して既に分析は行われていないこと、そして使われていた分析データは全体の1%未満であること、そしてユーザーのプライバシーを守るために非常に厳しい体制を敷いていたことを説明しています。

 

合意した場合のみに変更

アップルは音声認識システムの評価と分析について、今後はユーザーが任意で選択することが出来るようにするとしています。 そのためユーザーが許可しなかった場合は音声認識が分析されることはありません。

Apple suspends Siri response grading in response to privacy concerns – TechCrunch
Apple suspends Siri response grading in response to privacy concerns – TechCrunch

In response to concerns raised by a Guardian story last week over how recordings of Siri queries are ...

続きを見る

--

 

-ニュース
-, ,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.