ニュース

最新Macはサードパーティが修理できないチップが搭載されてる。

更新日:

これは良いことなのか悪いことなのか…

iMac Proや最新のMac Book Airまで多くのMacに搭載されているT2セキュリティチップですが、Appleの正規プロバイダー以外での修理をブロックする機能があることをアップルが認めました。

 

ブロック機能について

T2セキュリティチップは新Macbook Air、MacMini、Macbook Pro、iMac Proなどに搭載されているチップです。

このセキュリティチップにより、多くのセキュリティ的な脅威から守ることが出来る…のですが一方で修理に関してもブロックする仕組みとなっているとのこと。

The Vergeの情報によると、iFixitがロジックボードとディスプレイを交換して検証したところ、無事に修理が完了したのにもかかわらず交換後に診断ツールが起動され正規サービスプロバイダーによって修理されたのか確認され、利用できないことがわかりました。

 

セキュリティのためには仕方ない?

ハードウェアに不正な改造を行う可能性もあるためこのようなセキュリティ機能はやむ得ない部分もあるかもしれません。

しかし本体代や正規の修理代が高いアップル製品は、つい安いサードパーティの業者を頼りたくなる時もありますよね。

iFixitのCEO、カイルウィーンズ氏はT2チップは製品オーナーに対してギロチンを振り兆していると話したとのことです。

Apple confirms its T2 security chip blocks some third-party repairs of new Macs - The Verge
Apple confirms its T2 security chip blocks some third-party repairs of new Macs - The Verge

Last month, Apple introduced the new MacBook Air and a revamped Mac mini. Both computers, like the n ...

続きを見る

Apple 13インチ MacBook Air 128GB MQD32J/A
  • Apple(アップル)
  • 価格   ¥ 107,143
  • 販売者 PCボンバー.
クリックして今すぐチェック

--

-ニュース

Copyright© iPhoneteq , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.