Android ニュース

Google アシスタント、30の言語と80カ国で利用可能に。

グーグルアシスタント

仮想アシスタント「Googleアシスタント」は公式の声明によると、30言語以上、80カ国で提供されていることが明らかになりました。

 

Google I/Oカンファレンスで明らかに

Google I/Oカンファレンスの2019年では様々なニュースが発表されました。 Androidの新機能などがメインの話題となっていたため、Googleアシスタントについてはあまり話題になりませんでしたが、Googleのバーチャルアシスタント、Googlaアシスタントはスマートスピーカーの人気もあり、非常に人気のサービスの1つです。

 

30言語以上、80カ国で提供

Googleアシスタント

イベントではGoogleのScott Huffman氏が世界中の80以上の言語、80カ国以上で10億以上のデバイスでサービスが利用されていると語り、アシスタントの成長と世界中での拡大については為しました。 多くの国ではまだベータ段階ですが、印象的な数の地域と国で提供されています。

地図を見れば、アメリカ、カナダ、ブラジル、メキシコ、ヨーロッパの多くの国、ロシア、トルコ、KSA、エジプト、日本など、様々な国と地域で提供されています。 韓国、インド、インドネシア、中国、オーストラリア、フィンランド、ウクライナ、ルーマニア、ハンガリー、セルビア、モルドバ、アラブ首長国連邦、アルジェリア、チュニジア、モロッコ、南アフリカ、今後、ウガンダ、ケニアなどでも提供されています。

--

-Android, ニュース

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.