Android ニュース

MEIZU16Sが初アップデート、システムとカメラの最適化。

更新日:

Meizuは主力スマートフォンMeizu 16sを4月23日に発表し、発表から数時間後には初回出荷分が完売したと発表しました。 このデバイスは中国では非常に高い注目を集めている機種です。

そんなMeizu 16sの最初のアップデートが配信されました。 バージョンはFlyme 7.2.3.0A(安定板)でシステムの安定性とバッテリー改善、カメラの改良が含まれています。

 

アップデート内容

 

更新内容

  • システムの安定性向上
  • ユーザーエクスペリエンス向上のための画像読み込み分析アルゴリズムの最適化
  • スタンバイ時のパワーパフォーマンスを最適化し、バッテリー持続時間の延長
  • カメラのHDR撮影を最適化
  • カメラプロフェッショナルモード 4800万画素撮影の効果を最適化

 

アップデートについて

このアップデートは既存のユーザーデータには影響は与えません。

アップデートは約10分間時間がかかります。 アップデート中は電源を触らないでください。 アップデートが失敗します。

アップデート後スマートフォンは自動的に再起動します。 デバイスの温度が熱くなるのは正常です。 しばらくすると元の温度に戻るため心配しないでください。

いくつかの環境により、システムバージョンやネットワークによってバージョンが異なることがあります。

 

Meizu16Sについて

Meizuが発売している最新のスマートフォンです。

6.2インチ2232x1080ピクセルフルHD+ディスプレイ、Snapdragon 855、4800万画素+2000万画素のデュアルカメラといった主要機能を抑えつつ、価格は569.99ドルと非常にリーズナブルなスマートフォンとなっています。

 

 

--

 

-Android, ニュース

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.