ニュース

AT&Tは今後も「5G E」表記を使い続ける、Sprintと和解したようです。

更新日:

「5GE」の画像検索結果

米国の通信キャリア最大手AT&Tは「5G Evolution(5G E)」という通信表記を利用しています。 これは5Gの亜種のような名前ですが、実際には4G LTEの仕組みを改良したもので、5Gではありません。

この5G Eの名前が誤解を招くとして同じく通信キャリアでソフトバンク傘下のSprintは問題視していましたが、両者は和解に至ったようです。

 

本物ではない5G

Sprintの独自調査によると、5G Eは54パーセントが5Gと同等または5G以上の性能を持った通信であると認識していることがわかっており、さらに43%はすでにAT&Tが5Gサービスを開始していると思っていたことがわかりました。

スプリントは5Gのまがいもののような表現は誤解を招くとして、AT&Tに5G Eという名称をやめるようにニューヨーク地方裁判所に訴えていました。

 

今後もAT&Tは5G E表記を継続へ

AT&TとSprintは何らかの条件でこの件に関して和解したと報道されており、今後もマーケティングでこの表現を使い続けるようだと報道がありました。

 

実は4Gより遅い5G E

一見すごそうな5G Eですが、調査会社のデータによると5G EのスピードはT-MobileやVerizonの4G LTEよりも速度が遅いという調査結果があります。

AT&T's fake 5G E is slower than Verizon's and T-Mobile's 4G - CNET
AT&T's fake 5G E is slower than Verizon's and T-Mobile's 4G - CNET

According to a firm that tests wireless speeds, the spurious 5G network isn't outpacing its competit ...

続きを見る

Quantifying the real-world experience of 5G E | Opensignal
Quantifying the real-world experience of 5G E | Opensignal

Some AT&T users in the U.S. have recently seen “5G E” appear on the status bar of their existing sma ...

続きを見る

 

--

 

-ニュース

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.