Android ニュース

インド市場、サムスンとXiaomiがシェア拡大へ。

更新日:

1insmp[1]

 

インドは人口13億人を超える大きな市場ですが、インドのスマートフォン市場では2018年第2四半期でサムスンとXiaomiがシェアを伸ばしたことがわかりました。

 

サムスンとXiaomiの成長

調査会社Canalysの報告では、Xiaomiとサムスンは2018年第2四半期に990万台のスマートフォンを出荷したとのこと。

インドのスマートフォン市場では1位Xiaomi、2位サムスン、3位Vivo、4位Oppoと主に中国系メーカー(と韓国のサムスン)がシェア争いを行っています。

特にXiaomiとサムスンだけでインドのスマートフォンシェアは6割を占めるとのことでかなりのシェアを持っています。

 

一方インドで苦戦するアップル

インドに置いて絶対的なブランドを持っているXiaomiとサムスンですが、アップルはかなりの苦戦を強いられています。

アップルは前年から60%も売り上げを落としているとのこと。

しかしアップルは1台あたりの利益幅が大きいため、長期的には成功する可能性があるとCanalysのアナリストは分析しています。

 

Xiaomiのスマートフォンはすごい

Xiaomiのスマートフォンはなんといってもコスパ抜群な点がすごい。

例えば、iPhone X対抗のこちらの機種。

顔認証はもちろん、液晶に指紋認証までついていて、値段はiPhone Xの半分ほど。

カメラや性能面でもiPhone X以上の評価を得ています。

→Xiaomi Mi 8がiPhone Xより優れている理由

 

ソース:

https://www.canalys.com/newsroom/samsung-and-xiaomi-each-ship-record-high-10%E2%80%AFmillion-smartphones-to-india-in-q2-2018-

 

--

-Android, ニュース
-, , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.