ニュース

LINE、ベッキー&ゲスの極みのスキャンダル、トーク履歴流出問題に公式見解を発表。

更新日:

 

現在何かと話題の芸能ニュース。

ネットのみならず、ワイドショーや週刊誌でも

連日報道されています。

 

そして今回のスキャンダルは

「膨大な量のLINEトーク履歴の流出」が

同時に話題となっています。

 

 

3041578-inline-moonsticker[1]

 

LINEアカウントへの不正アクセスは難しい

LINE公式によるとほかのデバイスにログインすると

基本的にはトーク履歴が消えます。

もし第三者が不正にログインした場合

これらは削除され、古い端末に

ログインしたことが通知される仕組みになっています。

 

PCやタブレットの場合もPINコードが必要

セカンダリデバイスにログインする場合も

PINコードが必要です。

 

メインで使っているスマホに表示された数字を

PCやタブレットに打ち込む必要があり、

こちらでも流出の可能性は低いとのこと。

 

LINE公式はスマホが盗まれたのではないかとコメント

トーク履歴流出に考えられる可能性としては、

スマートフォンを紛失、盗難した場合はトーク履歴が見れるとコメント。

 

パスコードロックされていない場合は、

LINEはアプリを開くだけで簡単に見れるので

これが今回の騒動の理由ではないかとコメントしています。

 

 

上記の理由では不自然な点も。

たしかに「盗難や紛失」であればありえるのですが、

実際にはそれらは不自然であると考えれます。

 

なぜなら「スキャンダル発覚後」のトーク履歴も

公開されているからです。

 

もし盗まれた、盗難されたのであれば、

その時点以降のトーク履歴は公開されるはずはありません。

 

iPhoneteqの予想

LINEのセキュリティに関しては

一見堅牢そうに見えますが、

実はいくつかの穴があります。

 

・iPhoneの暗号化機能で複製

iPhoneバックアップの暗号化機能を使った場合です。

これはiPhoneのセキュリティ機能の1つで、

パソコンにバックアップを取る際に

暗号化してバックアップを取ることができるというもの。

 

なぜこれを使うとLINEを盗みみることができるかというと、

この機能を使って別のiPhoneに復元した場合、

LINEのトーク履歴などが消えず、

そのまま復元することが出来、

事実上「LINEが読めるスマホ」が2つになるからです。

 

つまり今回の流出は古いiPhoneが

LINEの通信が生きたまま誰かの手に渡り、

それを知らずに2人はLINEで通信していたのではないでしょうか。

 

 

・第三者機関から盗聴されていた可能性

日本では無線通信の傍受を直接的に

禁止する法律がない珍しい国です。

 

もしかするとAndroid用のスパイウェアなどにより

流出した可能性がありますcあ。

また、LINEはデータサーバが

韓国にあり、こちらのサーバデータを

第三者機関が解読している仕組みであるという

情報もあります。

 

 

もう一度知っておきたいLINEの危険性

//iphoneteq.net/faq/post-1762/

 

第三者によるLINEアカウントへのアクセスについて

http://linecorp.com/ja/security/article/52

 

しっておきたい日本のセキュリティ知識

//iphoneteq.net/faq/smartphone-security-2015/

 

iPhoneのセキュリティを強化する8つの対策

//iphoneteq.net/faq/post-7515/

 

ノートン セキュリティ デラックス 3年版(最新)
シマンテック (2015-10-15)
売り上げランキング: 10

 

--

 

LINEの扱いには注意しましょう!

-ニュース
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.