Mac

2019年モデルのMacbook Air、バタフライキーボード廃止の可能性。

更新日:

最近のMacBookではバタフライキーボードというちょっと特殊なキーボードが採用されていましたが、新しいシザースイッチキーボードが搭載される可能性があるとAppleに詳しいアナリストでおなじみのミンチー・クオ氏が予想を話しました。

 

不具合が多かったバタフライキーボード

バタフライキーボードは2015年から採用されているMacBookのキーボードで、キータッチや使用感はおおむね好評かだったものの、使用しているとだんだんキーが打ちづらくなる、ゴミが詰まると取れないなどの致命的な欠点がありアップルは毎年バタフライキーボードの無償修理を発表していました。

こういった背景から、アップルはようやくMacBookのキーボードの改善に乗り出したようです。 新しいキーボードはシザースイッチ方式と呼ばれる新しいキーボードが搭載される予定です。

製造コストを抑えられる

バタフライキーボードは多数の欠点からシリコン膜を加えてごみを入りづらくするなどの様々な対策を重ねており、コストが高騰していました。

しかし新しいシザースイッチ方式のキーボードであれば、耐久性の向上、キーストロークが長くなる、そして安価に製造できるとされています。

残念ながらこれは2019年はMacBook Airのみ搭載されるとされており、MacBook Proは2020年まで待つ必要があるようです。

Kuo: Apple to include new scissor switch keyboard in 2019 MacBook Air and 2020 MacBook Pro - 9to5Mac
Kuo: Apple to include new scissor switch keyboard in 2019 MacBook Air and 2020 MacBook Pro - 9to5Mac

Apple is apparently set to ditch the butterfly mechanism used in MacBooks since 2015, which has been ...

続きを見る

--

-Mac
-,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.