iOS・iOSデバイス iPhone 12

Apple「iPhone 12」はセンサーシフトテクノロジーで写真を安定化させるかも。

「超広角、広角、望遠カメラを搭載したトリプルカメラ(iPhone 11 Pro)」の写真

アップルが2020年に発表するiPhone 12にはセンサーシフト安定化機能が搭載され、レンズだけではなくカメラセンサーがボディの内側で動き画像を安定化させるという噂が出てきました。

 

新しい手ぶれ補正

2020年発売のiPhone 12は5Gが搭載されるという噂がありますが、カメラ機能についてもアップグレードがあるという噂があります。 それはセンサーを動かして手ぶれを補正するというテクノロジーです。

一般的にはレンズによる安定化という方法があります。 これは動きを検出するとレンズも動かすことで手ぶれを抑える方法で、一般的にセンサー安定化よりも効果敵ですが、特殊なレンズが必要になります。 iPhone 8以降のiPhoneシリーズでは光学式手ぶれ補正が採用されていました。

 

iPhone 12の噂

2020年のiPhone 12シリーズは合計4モデルが登場すると言われています。 これは画面サイズやカメラの数が異なるものとなっています。 また4つのすべてのモデルが5Gモデルになるという噂です。

[st-card-ex url="https://appleinsider.com/articles/19/12/20/apples-5g-iphone-12-may-use-sensor-shifting-technology-to-stabilize-images" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

-iOS・iOSデバイス, iPhone 12
-,

© 2020 iPhoneteq Powered by AFFINGER5