特集

格安スマホ(MVNO)を使うならAndroidをおすすめする理由。

更新日:

 

iPhoneの専門サイトなのにAndroid進めるのかよ!

という突っ込みが聞こえてきそうですが、

格安スマホを使うユーザーにAndroidの事をちょこっと紹介しようかなと思います。

 

 

facebook_share[1]

 

機能的にはほぼ変わらない

iPhoneとAndroid、使いやすさやスペックなど

昔から色々比較されてますが、

今はどれもそこまで大きな差はありません。

 

リリースされているアプリも殆ど一緒ですし、

通常使用なら特に不都合なく使えると思います。

 

本体料金が安い

まず当然ですがiPhoneに比べると

本体料金が安いです。

 

iPhoneは恐らく多くの人が使う

SIMフリー版 iPhone SEが

約52800円(16GB)なのに対して

Androidスマートフォンならそこそこのスペックの物でも

3万円くらいで買うことが出来ます。

 

 

パケット節約機能が利用できる

格安SIMといえばパケットを多く食うのは問題ですよね。

しかしAndroidスマートフォンには
Opera Maxというアプリがあり、

すべての通信を圧縮することができる。

 

Youtubeなどの大量パケットを使う動作も

少しでもパケットを減らしてくれるので

実質より多くの通信が可能になります。

 

おすすめ機種

それでもMVNOを使う上でおすすめの機種を

いくつか紹介しましょう。

 

・Freetel Priori3

約1万円

安価でポップなスマートフォン。

この価格で2100mAhのバッテリーを実現。

スペックは安いなりですが割り切れる人におすすめです。

FREETEL Priori3 LTE (マットブラック)
FREETEL(フリーテル)
売り上げランキング: 1,050

 

・Zenfone 2 Raser

約2万円

バランスの取れたスペックスマートフォン。

16GB +SDの安心感。

カメラ、CPU、RAMなど

標準スペックのスマホをお求めの方におすすめです。

 

Zenfone MAX

約3万円

iPhoneの3倍以上の5000mAhのバッテリーを搭載。

長時間使える安心バッテリー。

内蔵メモリ16GB+SDの安心感。

1300万画素の高速フォーカスカメラなど

スペック面ではかなり安心の機種です。

 

--

-特集
-, , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.