Android

「Huawei Mate 30 Pro」カメラはDxoMarkスコア121点!最高記録に。

 

DxOMarkは中国のスマートフォンメーカー、ファーウェイの最新フラッグシップスマートフォン「Huawei Mate 30 Pro」をリリースしました。

このスマートフォンは6.53インチのOLEDディスプレイ、4500mAhのバッテリー、Kirin 990チップセットが搭載されています。

中でも進化したのがカメラで、3D表現の深さ検出のためのToFセンサーを含む4つのカメラモジュールによるカメラ性能の飛躍的な進化です。 一見P30 Proと同じスペックに見えますが、細かな仕様が異なっており、画質の向上が行われています。

そんなファーウェイの最新スマートフォンのカメラについてDxOMarkがレビューを公開していたので、抜粋してカメラスペックをご紹介します。

 

カメラの主な仕様

  • ToFセンサーを含むクアッドカメラ
  • プライマリ:40Mp 1 / 1.7インチセンサー、27mm相当f / 1.6開口レンズ、PDAF、OIS
  • 超広角:40Mp 1 / 1.54″センサー、18mm相当のf / 1.8開口レンズ、PDAF
  • Tele:8Mp 1/4″センサー、80mm相当のf / 2.4開口レンズ、PDAF、OIS
  • ToF 3D深度検知カメラ
  • デュアルLEDフラッシュ
  • 4Kビデオ、2160p / 60fps(デフォルトは2160p / 30fps)

テストの概要

DxOMarkのカメラスコア121点はスマートフォンカメラランキングで現在の。1です。 特に写真性能の131点は以前のリーダーであるGalaxy Note 10+5Gを5ポイントも上回ります。

Mate 30 Proはほぼすべての写真カテゴリーで優れた結果を出しますが、特にテクスチャとノイズの点で優れています。 この両方でトップスコアをとっており、ノイズは非常に暗い場所でのみ確認することが出来ます。

 

まとめ

Huawei Mate 30 ProのDxoMark Score 121点はスマートフォンカメラで印象的なベンチマークとなり、2019年後半のトップデバイスです。 新しいMateはカメラの弱点が特になく、優れた静止画を殆どのシーンで提供します。 全体として優れ、特にテクスチャとノイズのバランスは非常に優れています。 また暗い場所での撮影も得意です。 広角カメラは比較的視野が狭いという欠点はありますが、画質は優れたものです。 またボケやズームにも適しています。

ビデオについてはGalxy Note 10+ 5GからNo.1の座を奪うことは出来ていませんが、それでも動画性能は非常に高く、最高の画質を求めるためにプレミアム価格のスマートフォンを入手する価値があるでしょう。

 

写真の良いところ

  • ほとんどのテスト条件での高レベルの詳細
  • ほとんどの状況で正確なターゲット露出
  • よく制御されたノイズ
  • ボケモードでの正確な深度推定
  • 近距離および中距離でのズームショットの詳細
  • フラッシュオンおよびフラッシュオートモードでの良好な露出とホワイトバランス

ビデオの良いところ

  • ほとんどの条件で正確な露出
  • 屋内および明るい光の下でのノイズと良好なディテールの制御
  • 鮮やかで心地よい色
  • 高速で正確かつ再現可能なオートフォーカス
  • 効果的な安定化

写真の悪いところ

  • いくつかの条件でわずかなホワイトバランスキャスト
  • すべての条件での一部のエイリアシング
  • ズーム時のフォーカスと詳細の不安定性
  • 広角カメラの比較的狭い視野
  • フラッシュオフモードでの強力な露出と焦点変動

ビデオの悪いところ

  • 屋内および低照度での一部のテクスチャアーティファクト
  • 低照度での強い粗いノイズ
  • 低照度でのわずかな色かぶり
  • 屋外でのホワイトバランスの不安定性

--

0 0 vote
Article Rating

-Android
-, , , , , , ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© iPhoneteq , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.