Android

サムスン、1億800万画素のスマホカメラセンサーを公式発表。

更新日:

ISOCELLブライトHMXセンサー

スマートフォンカメラの進化は限界をまだ迎えていません。 サムスンやソニーが製造する新しいカメラセンサーは業界の限界を押し上げ続けています。 サムスンは5月に4800万画素のカメラセンサーを発表しましたが、8月にはついに1億800万画素のカメラセンサーを発表しています。 これは中国のXiaomiとの提携で実現したカメラセンサーです。

カメラの研究を続けるXiaomi

Xiaomiは野心的なカメラを求めていました。 これによりISOCELL Bright HMXセンサーを搭載したスマートフォンは1億800万画素に到達することが出来ます。 このカメラセンサーはハイエンドな一眼レフと同等の解像度を持つ業界初のスマートフォンカメラです。

高性能な大型センサー1/1.33インチにより、低照度設定でも多くの光を取り込むことが出来、暗い環境ではより明るい2700万画素の画像を生産するモードとなります。 明るい場所では、SmartISOによって切り替わり、1億800万画素の超高解像度な画像を作ることが出来ます。

このメカニズムはノイズを減らし、鮮明な画像を生産することが出来ます。 ビデオは6K/30fpsの解像度まで対応しています。

 

今月生産開始

サムスンは8月末に生産を開始するとしています。 Xiaomiはまもなくこのセンサーを搭載したスマートフォンを発表するとしており、10月あたりには1億800万画素の世界が見えてくるかも知れませんね。

 

--

 

-Android
-, , ,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.