Android

Xiaomi CC9EがSONY IMX586ではなくIMX582を採用する理由。

Xiaomiの新しい若者向けの安価なスマートフォン、Xiaomi CCシリーズのXiaomi CC9eではSONY IMX 586 CMOSセンサーが採用されていないようです。 これについてWeiboで尋ねたユーザーに対してXiaomiのプロダクトディレクターはつぎのように回答しています。

 

もともとの計画から変更された

XiaomiはSONY IMX 582を採用する予定はなかったようです。 しかし様々な製品を検討したうえで最終的にIMX 582を選択したとのこと。

IMX 582は一般的にIMX 586よりも性能が低いものとされます。 ほぼ同じ仕様、1/2インチのセンサーサイズ、4800万画素のカメラを採用していますが、唯一の違いは4K/60fpsでのビデオ撮影をサポートしているかどうかです。

Xiaomi CC9eは安価な機種であり、Snapdragon 665プロセッサは4K/30fpsしか対応していないため、IMX582を採用した方がプラットフォームとして優れています。

 

Xiaomi CC9eについて

Xiaomi CC9eは7月2日に発売された最新スマートフォンです。 6.088インチの片手操作に最適なディスプレイ、バッテリー4030mAh、高速18W充電、3200万画素のセルフィーカメラ、リアカメラは4800万画素AIトリプルカメラを搭載しています。

日本への送料無料&Paypalで安心決済のGeekbuyingで見る

今すぐショップサイトへ

Geakbuyingの使い方がわからない方はこちら

--

 

-Android
-, ,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.