Android

WearOS by Google 2.1の提供開始! ホームの動作が変更。

更新日:

GoogleはWear OSの展開に明らかに苦労しているようですが、いくつかの機能強化を含むアップデートの提供を開始しました。

 

WearOS by Google

GoogleはAndroid WearをWear OS by Googleに名前を変更しています。

これはAndroidだけでなくiPhoneとペアリングして使うユーザーも多いため、わかりやすく変更したとのこと。

 

WearOS by Goole 2.1の新機能

「WearOS 2.1」の画像検索結果

従来ホーム画面では左右フリックで時計盤の切り替えが行えましたが、新しい操作では左フリックでGoogleアシスタント、右フリックでGoogle Fitが割り当てられるようになりました。(時計盤の切り替えは画面長押しで可能)

また通知センターがカード式からなめらかに続けて見れるように変更されました。

コントロールセンターのメニュー内容も変更され、「サウンドのオンオフ」「バッテリーセーバーのオンオフ」「スマートフォンを鳴らす」「画面を消す」「マナーモード」「機内モード」がすぐに選べるようになっています。

他にも優先度付き通知などが行われたほか、AI関連機能などが提供しやすくなったとのこと。

 

使ってみた感想

Android Wearの頃からずっと使っていますが、WearOS 2.1はかなり良くなりました。 特に右側に移動してGoogle Fitの運動量をすぐに確認出来るのはとても便利。

一方でバッテリー消費が従来より激しくなったような気もします。 従来1日使って60パーセント程度の残容量があったところが、最近は30パーセントくらいまで減っていることもあり、明らかにバッテリー消費が激しくなったように感じます。

しかし新OSのアップデートによる最適化などの影響の可能性もあるので、しばらく使ってみて設定などを見直していきたいと思います。

Google's Wear OS 2.1 update cares more about future smartwatches than your old one (sorry) | PCWorld
Google's Wear OS 2.1 update cares more about future smartwatches than your old one (sorry) | PCWorld

Google's Wear OS 2.1 update for smartwatches has arrived, but it's made for future smartwatches rath ...

続きを見る

--

-Android

Copyright© iPhoneteq , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.