ニュース

アップルのサービス戦略、最初の1年は失敗。

ブルームバーグの報道によると、Appleはこの1年間最新サービスへ最善の努力を行ってきたにもかかわらず、消費者を獲得することに失敗していると報道しています。

 

たくさんのサービス、たくさんの失敗

アップルは2019年だけでApple TV+、Apple Card、Apple News+、Apple Arcadeをローンチさせました。アップルは積極的にマーケティングを行いましたが、すべてのサービスは消費者と結びつけることに失敗しました。

アップルはiPhoneの販売が鈍化しつつあるにつれて、継続的な成功のためにサービス事業に目を向けて収益を維持しようとしました。サービス事業は4半期毎に記録的な収益を上げているとアップルは報告していますが、これは主にApple Storeとライセンスビジネスによって支えられている物です。

 

失敗続き、でもまだ始まったばかり。

Apple TV+はオリジナル番組の制作に多額の費用を費やしましたが、それでもサービスは上手くいっていません。同社は1年分のApple TV+の無料サブスクリプションをアップルユーザーに提供していますが、顧客は約15%しかそれを利用していません。

Apple Arcadeは多くのゲームが遊べるとして注目されましたが、実際に利用しているユーザーはほんの僅かです。アップルはタイトルラインナップを多く提供するよりも、より魅力的な少数なゲームを提供する方向へと方針転換をしています。

またApple News+では、主要な新聞社、雑誌がサービス開始時から抜けており、最も成功していないサービスです。さらに悪いことにApple News+での収益などに不満を持ったThe Newyork TimesはApple News+とのパートナーシップを突然終了しました。

とはいえこれらのサービスはまだ始まったばかりです。App StoreやApple Musicでさえサービス開始時はそれほど注目されていませんでした。今後これらのサービスが堅調に育ってくれることを祈りましょう。

 

[st-card-ex url="http://www.iphonehacks.com/2020/07/report-new-apple-services-failed-take-off.html" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

-ニュース
-, , ,

© 2020 iPhoneteq Powered by AFFINGER5