ニュース

インド政府、「TikTok」「UCブラウザ」「Clash of Kings」などを59の中国アプリを禁止に。

インド政府は中国にルーツを持った複数のAndroid、iOSアプリを禁止にしたことを発表しました。この中にはUC BrowserやTik Tok、Clash of Kingsといった大ヒットアプリも含まれており、インド政府による中国との緊張関係を物語っています。

インド政府は59の中国企業がリリースしたアプリをブロックしており、声明によると利用規約違反またはマルウェアやスパイウェアの疑いがあるとしており、利用者のプライバシーを侵害している可能性があります。

 

利用禁止アプリ

  1. APUS Browser
  2. Baidu Map
  3. Baidu Translate
  4. Beauty Plus
  5. Bigo Live
  6. Cache Cleaner DU App Studio
  7. Cam Scanner
  8. Clash of Kings
  9. Clean Master
  10. Club Factory
  11. CM Browser
  12. DU Battery Saver
  13. DU Browser
  14. DU Cleaner
  15. DU Recorder
  16. ES File Explorer
  17. Hago Play With New Friends
  18. Helo
  19. Kwai
  20. Likee
  21. Mail Master
  22. Mi Community
  23. Mi Video Call
  24. Mobile Legends DU Privacy
  25. New Video Status
  26. Newsdog
  27. Parallel Space
  28. Photo Wonder
  29. QQ International
  30. QQ Launcher
  31. QQ Mail
  32. QQ Music
  33. QQ Newsfeed
  34. QQ Player
  35. QQ Security Center
  36. ROMWE
  37. SelfieCity
  38. ShareIt
  39. Shein
  40. Sweet Selfie
  41. TikTok
  42. U Video
  43. UC Browser
  44. UC News
  45. V Fly Status Video
  46. Vault Hide
  47. Virus Cleaner
  48. Viva Video
  49. Vmate
  50. We Meet
  51. WeChat
  52. Weibo
  53. WeSync
  54. Wonder Camera
  55. Xender
  56. YouCam Makeup

インド政府のTikTokアカウントも閉鎖に

100万人以上のフォロワーを抱えていたインド政府のTik Tokアカウントについても無効となっており、インド政府は防衛と国家の安全と治安に害を及ぼす可能性があるためにブロックされたと述べています。

 

--

0 0 vote
Article Rating

-ニュース
-, , ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© iPhoneteq , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.