ニュース

任天堂、スマホゲーム開発は縮小すると報道。

ブルームバーグは任天堂がモバイルゲーム開発を縮小するようだと報告しています。任天堂といえば、家庭用ゲーム機では絶大な人気を誇るゲームメーカーです。しかしモバイルゲームにおいては順調とは言えず、収益は減少傾向にあるとのこと。そのため今後もモバイル市場に多くのゲームをリリースすることを必ずしも望んでいないとのこと。

 

ファイアーエムブレムヒーローズ1強

任天堂のスマートフォンゲームは、「ファイアーエムブレムヒーローズ」1本を除いては収益性は非常に低いのが実態です。当初任天堂は「スーパーマリオラン」で従来スマホゲームで一般的だった基本プレイ無料ガチャ課金スタイルから脱却し、買い切りゲームを提供しようとしていましたが市場はそれを受け入れることはありませんでした。

そのため「マリオカートツアー」や「どうぶつの森ポケットキャンプ」といった新しいアプリでは基本プレイ無料・ガチャ課金のスマートフォン市場の慣習になぞりつつ、独自のゲーム性を提供しようとしてきました。

しかし収益の面では伸び悩み続けており、スマートフォンゲームを優先することの意義を見失いつつあるようです。

 

スマホタッチスクリーンの問題も

任天堂のモバイルゲーム史上の縮小は収益の問題だけではないとのこと。Nintendoといえば、Nintendo DSやWiiUといったゲーム機で革新的なタッチスクリーンゲームをリリースしてきましたが、スマートフォンやタブレットでは思ったようなゲームデザインのゲームが作れず、コントロールが制限されている問題に気づいたとのこと。

任天堂は、独自設計のコントローラーやペンといったデバイスと組み合わせることで、フランチャイズが最も輝くと信じているとのことで、スマートフォンのタッチスクリーンのみのインターフェイスでは、ゲーム品質に満足出来ないと報告されています。

Nintendo Chills Mobile Ambitions After Animal Crossing Success - Bloomberg
Nintendo Chills Mobile Ambitions After Animal Crossing Success - Bloomberg

Nintendo Co. is retreating from the $77 billion mobile gaming arena after disappointing results defl ...

続きを見る

-

 

 

 

0 0 vote
Article Rating

-ニュース
-, ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© iPhoneteq , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.