ニュース

iOS 13の最適化されたバッテリー充電機能は意図したとおりに動作しないかも。

アップルは古いiPhoneの性能を意図的に落とすことで電源の安定性を高めていたことが発覚し、世界中で問題視されました。 この影響でiOS13では最適化されたバッテリー充電という機能が追加されています。

この最適化されたバッテリー充電は、バッテリーの劣化を抑えるために充電の状況を学習するという物ですが、思ったように機能していない可能性があります。

 

人によっては機能しない

ZDNetの報道によると、iPhoneを一晩充電する際にバッテリーが完全に充電されるのを防ぐためにこの機能は使われます。 充電がいっぱいになると自動的に充電速度を下げ、フル充電に達しない程度の電力で充電されます。

iOS 13は日々の睡眠時間、位置情報、起きる時間などを学習し、充電時間を調整します。非常にスマートな機能であると言えますが、睡眠サイクルが安定しない場合や勤務時間が不規則な場合、この機能はまともに機能しない可能性があります。

 

バッテリーに負荷がかかるかも

OSが新しい睡眠規則を学習するのに数日かかり、それまでは通常の方法で充電することになります。 また機能が有効な状態でも動作が不安定になる事があります。 iPhoneが睡眠から起きる数時間前に充電される可能性があり、この場合電話が完全に充電される時間が通知されます。 つまり長時間にわたってバッテリーに負荷をかけバッテリー寿命を縮める可能性があります。

An iOS glitch could be wearing out your iPhone's battery prematurely | ZDNet
An iOS glitch could be wearing out your iPhone's battery prematurely | ZDNet

iOS has a feature that should be helping to prevent your iPhone's battery from wearing out premature ...

続きを見る

--

0 0 vote
Article Rating

-ニュース
-, ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© iPhoneteq , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.