ニュース

Appleの修理プログラム、実は利益を得てないらしい。

アップルは米下院司法委員会から独占禁止法の疑いでApp Store及び修理プログラムについていくつかの質問がありました。

 

利益が上がったことはない

Appleに送られた手紙では、Appleの修理プログラムでどれだけの収益をアップルは得ているのかを尋ねる質問がありましたが、アップルは2009年以来運営コストの方が修理から得られる収益を上回っていると回答したとのこと。

また2012年のマップアプリについては、リリース後数十億ドルの投資を行ったともコメントしています。

 

その他の独占についてもコメント

iOSデバイスのブラウザーが事実上Safariしか使えない問題についても指摘されました。 サードパーティ製Webブラウザーであっても、SafariのエンジンであるWebKitを使うことが強制されています。 またデフォルトブラウザーとしてサードパーティアプリを設定することも出来ていません。

これらの問題の理由などについても説明が求められています。

Apple Tells Congress It Hasn't Been Profiting From Repairs in Response to Antitrust Probe - MacRumors
Apple Tells Congress It Hasn't Been Profiting From Repairs in Response to Antitrust Probe - MacRumors

As part of an antitrust probe, the U.S. House Judiciary Committee sent a letter to Apple in Septembe ...

続きを見る

--

-ニュース
-,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.