ニュース

ソフトバンク、メール約1300万通を消失させてしまう。

更新日:

ソフトバンクは、ソフトバンクとY!Mobileのメールサービス、約436万人分の約1300万通のメールを消失したと発表しました。

 

22時間のメールが消失

ソフトバンクによると2018年9月17日10時48分から18日午前9時16分までの22時間の間、ソフトバンクやY!Mobileが提供しているメールサービスから1030万通が消失したとのこと。

これは迷惑メールのフィルタリング機能のデータベースパターンファイルの不具合によるもので、対象でないメールまで迷惑メールとして処理されていたようです。

 

対象サービス

  • S!メール(MMS)
  • Eメール(i)
  • ディズニースタイルのメール
  • Y!Mobile MMS
  • Y!Mobile EMメール-S(MMS)
  • Y!Mobile ケータイ(PHS)用メール

迷惑メールフィルターは重要

ソフトバンクによると、1日あたり3億通のメールのうち、半数に当たる1億5000万通は迷惑メールとして判断され、ユーザーに届かないようになっているとのこと。

フィルターを無効にすると、よくスパムメールが届くということが実感できますが、迷惑メールフィルタリングは現在必須の物となっています。

今後このようなことがないようにソフトバンクには頑張って運営していただきたい物ですね。

迷惑メールフィルターの不具合による特定ドメインからのメールの一部消失についてのおわび | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク
迷惑メールフィルターの不具合による特定ドメインからのメールの一部消失についてのおわび | プレスリリース | ニュース | 企業情報 | ソフトバンク

ソフトバンク株式会社の企業情報ページです。ソフトバンク株式会社の「ニュース」をご紹介します。

続きを見る

--

-ニュース

Copyright© iPhoneteq , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.