ニュース

かつてスマホ最大手だったBlackberry、スマートフォン開発から撤退・・・今後はソフトウェア事業に専念

更新日:

iPhoneが登場するまでスマートフォンといえばBlackberry、そしてWindows Mobileでしたが

マイクロソフトのLumiaが事実上年内でハード撤退するという噂に続き

ブラックベリーもスマートフォンハードウェア事業から撤退するようです。

 

57c96720[1]

 

海外ドラマや洋画好きなら見たことがある人も多いのではないでしょうか?

メンタリストのリズボンやゴシップガールのブレア等も使ってましたよね。

 

Blackberryは大きなキーボードを搭載したスマートフォンで

iPhoneが登場するまで全世界のスマートフォンでトップでした。

キーボードを搭載しているので文字入力の面では

iPhoneなどの最新スマホよりも打ちやすいかもしれません。

 

タッチパネルがメインのスマートフォンが普及してからは徐々にシェアを落とし

最近ではAndroidアプリが動くようになるなど様々な策を講じていましたが

現在ではシェアは0.1%となってしまいハード事業からは撤退するとのことです。

 

 

ソフトウェア事業は絶好調

ハード事業は落ち込んでしまいましたがソフトウェア事業は好調で

輸送状況をモニタリングできるBlackberry Raderや

かつてのBlackberryのように複数のサービスを統合できるAndroidアプリ、

Blackberry Hub+などのソフトウェア開発を行っていくとのこと。

 

http://press.blackberry.com/content/dam/bbCompany/Desktop/Global/PDF/Investors/Documents/2017/q2fy2017/Q2FY17_Earnings_Press_Release_Final.pdf

 

 

--

-ニュース
-, , , , , , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.