Mac

MacOS「画像キャプチャ」機能のバグはかなり多くの不具合。

NeoFinderの開発者Norbert Doernerによると、Macでの写真のインポート機能は、Adobe Lightroom、Affinity Photo、PhaseOne Media Pro、iPhoto、ApertureなどほぼすべてのMacアプリに影響する不具合があると明らかにしました。

 

不具合の原因

不具合はアップルが提供するImageCaptureCoreフレームワーク内にあるとのこと。これはデジタルカメラに接続するためのMacOSの機能です。しかしこれを利用していないアップルの最新のフォトアプリでは、問題なく利用出来ます。

 

不具合の内容

不具合は、iOSからインポートされたJPGに変換されたHEICファイル末尾に空白ファイルが1.5MB分追加されるというもので、ストレージを無駄に消費してしまいます。Doerner氏は写真を12000枚取り込んだため、20GBも無駄なファイルサイズを消費してしまったとしています。

対策方法は、iPhoneやiPadで写真を撮るときにHEIFを使わないことだけです。

[st-card-ex url="https://www.macrumors.com/2020/05/01/macos-jpg-truncation-bug-widespread/" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

 

-Mac
-, , , ,