iOS

iOS 14は控えめに? iOS13のバグだらけ問題を反省。

アップルの最新スマートフォンOS、iOS 13は9月にリリースされて以来不安定な動作と深刻な不具合に見舞われ、異例とも言えるスピードでアップデートが繰り返されています。 数ヶ月が経ち深刻な主要な不具合は修正されたものの、まだいくつかの不具合は残っているという声もあります。

アップルはこの問題を受けて次のiOS 14では開発方法を変更し、バグの少ない作り方を目指すのではないかという噂が報じられています。

 

詰め込むのを辞める

アプルは今まで新機能を詰め込んでアップデートを作っていました。 しかしアップデートを行う度にどの機能が動作し、どれが不具合の原因になっているのか分かりづらい状況となっていました。

そこでiOS 14は新機能の意図的に無効化されており、フラグと呼ばれる内部メニューで機能をひとつずつ有効に出来るようになっているとのこと。

つまり不具合の原因を簡単に特定することが出来ます。 この方法はWindows 10でも採用されている方法で、Windowsではいくつかの新機能をA/Bテストを行うなどして正式テストリリース前に不安定な動作を減らす試みを行っています。

 

そもそもiOS13は試作品だった?

一部報道によると、iOS 13は出来が良くないことが元々内部テストで把握されており、iOS 13.1で安定して動作するように開発を目指していたとのこと。 そのためiOS 13は一部アップルファン向けのバージョンとし、一般のユーザーにはiOS13.1を使って貰いたいというのがアップルの考えだったという報道もあります。

実際にはiOS13.1でも安定せず、多数のマイナーバージョンアップが行われていますが、今後はこのような問題のあるOSが登場しないことを祈ります。

[st-card-ex url="https://japanese.engadget.com/2019/11/22/ios-13-ios-14/" target="_blank" rel="nofollow" label="" name="" bgcolor="" color="" readmore="続きを見る"]

--

-iOS

© 2021 iPhoneteq Powered by AFFINGER5