よくある質問 ニュース

未だに小さな「iPhone SE」が人気なわけ。

更新日:

2年以上前に発売された安価でコンパクトなiPhone SE。

未だに根強い支持を受けている端末で後継機種の登場が期待されています。

そんなiPhone SEの魅力と人気の秘訣に迫ります。

 

iPhone SEが出たのは2年以上前

iPhone SEは2016年3月に発売された端末。 iPhone 5/5sのデザインをそのままに、当時最新のA9プロセッサやカメラの高画質化が行われたモデルです。

2018年7月には格安SIMキャリアのLINEモバイル(ソフトバンク傘下)がiPhone SEの取り扱いを開始するなど未だに多くの店で販売されています。

3万円台から購入出来るiPhone

人気の最大の秘訣はやはり価格。 最新のiPhone8やiPhone Xではモデルによっては10万円以上の高額となってしまうが、iPhone SEの32GBモデルなら3万9800円(税別)からと非常にリーズナブル。 格安SIMのプロバイダ経由などで購入すればさらに値段を抑えることが出来る。

格安SIMではAndroidスマートフォンがメインとなっているが、同じ価格帯でiPhoneが選択できるということもあり、iPhoneが欲しいライトユーザーにとって強力な選択肢となっています。

手に馴染む4インチスマホ

最近のスマートフォンは6インチ以上の大画面スマートフォンも当たり前になってきていますが、iPhone SEは昔ながらの4インチスマートフォン。 大きなスマートフォンは動画やインターネットを楽しむときは大きくて快適なのですが、両手で操作しないとディスプレイの端から端まで片手では指が届かないので、両手で操作する必要があります。

スティーブジョブズがiPhoneのプレゼンで行ったように、小さいサイズは片手で操作することが出来る最適なサイズなんです。

必要十分なスペック

iPhone6s相当の性能を持っているので、SNSで写真をアップしたり、LINEでメールや電話を楽しんだりしている一般的なユーザーにとっては十分な性能。 イヤホンジャックも搭載されているのも最近のiPhoneにはない魅力かもしれません。

最近人気の3Dゲーム(バトルロイヤルゲームなど)をプレイするには少し性能が心許ないかもしれませんが、ライトにスマホを楽しむ人には十分な性能でしょう。

欠点もある

もちろんiPhone SEには欠点もあります。 例えばiPhone SEは防水ではありません。 また画面が小さいので動画を楽しむには不十分なサイズという声もあります。 また3D Touchにも非対応となっています。

 

後継機種が望まれるが・・・

iPhone SE 2が2018年にも登場するという噂もありました。

しかし途中から雲行きが怪しくなり、現在のアップルの体勢では年に4台もスマートフォンを発売することは出来ないだろうという説が有力となっています。

なお2018年秋にリリースされる最新のシステムアップデートiOS12ではiまだPhone SEはサポート対象となっています。

iPhone SEが使えなくなる前に、後継端末を発売して欲しいところですね。

 

 

-よくある質問, ニュース
-

Copyright© iPhoneteq , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.