Android

Androidプリインストールアプリ、146個にマルウェアアプリが見つかる。

セキュリティ会社Kryptowireは、Androidスマートフォンの悪意のあるアプリケーションの報告を毎年公開する習慣があります。 今年のレポートでは146個の危険なマルウェアが発見されました。

 

プレインストールアプリ

このマルウェアはすべてAndroidスマートフォンにプリインストールされているものです。 これはユーザーがターゲットのスマホを購入しないという選択をしない限り、基本的に回避できないことを意味します。

悪意のあるアプリケーション146種類は29の異なるメーカーで報告されています。 中国の新しいメーカーであるCubotやDoogeeのようなブランドからサムスン、ソニー、Xiaomiといった大手ブランドもリストにあります。

 

スマホの権限を変更することも

このマルウェアの中には、音声を録音したり、スマートフォンの設定を勝手に変更したり、権限を変更する機能を持っている物もあります。

大きな問題はユーザーが気づかないうちにすべてが行われることです。 ユーザーがインストールすることなく発生するこの問題に対処する方法はほとんどありません。

 

KRYPTOWIREは解決策がある

KryptowireのCEOは、この問題を解決するにはコード分析にもっと注意を払うべきだとしています。 安価なデバイスを作成しようとする余り、製造元メーカーのソフトウェアの品質が低下しており、プレインストールアプリにマルウェアをインストールする隙を与えている可能性があります。

ただしGoogleはApp Defense Allianceを始め、マルウェア大作に最近力を入れ始めており、今後このような問題も少なくなることが期待されますが現状ではまだ危険なソフトが入っていることがあるということは知っておいて損がない情報かも知れません。

146 New Vulnerabilities All Come Preinstalled on Android Phones | WIRED
146 New Vulnerabilities All Come Preinstalled on Android Phones | WIRED

The dozens of flaws across 29 Android smartphone makers show just how insecure the devices can be, e ...

続きを見る

--

0 0 vote
Article Rating

-Android
-, ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© iPhoneteq , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.