周辺機器 周辺機器レビュー

Wi-Fiが部屋まで届かないなら延長しよう!「dodocool 無線LAN中継器」

更新日:

WP_20170606_15_57_07_Raw_LI

 

お部屋の作りの関係で思ったほど電波状況が良くない事ってありますよね。

このリピータならWi-Fiネットワークの”死角”を取り除くことが出来ますよ。

 

ワイヤレスリピータって何だ?

無線LAN中継器は本来電波が届かない場所に電波を届けるために、間に入って通信してくれる装置のこと。

例えば1Fのリビングに置いている無線LANの機械の電波が2Fの自室に届かないなら、廊下など無線LANと自室の間のコンセントに差して電波を延長することが出来るという製品なんです。

 

製品仕様

定格電圧:AC100-240V
消費電力:2.5W
周波数帯:2.4GHz帯
アンテナフォームファクタ:2×統合アンテナ
モード:AP /リピータモード
速度:300Mbpsの最大
標準:IEEE 802.11b / g/ nの規格に準拠
ワイヤレスセキュリティ:WPA2、WPAおよびWEP(64/128ビット)ワイヤレスセキュリティをサポート
ポート:1 * 10 / 100MbpsのLANポート
ボタン:1 *リセット、1 * WPS、1 *電源オン/オフ
LED:ブルー
チップセット:MT7628K

→dodocool 無線LAN中継器ワイヤレスAP/リピータ/Wi-Fiルータ Amazonページへ

 

image

 

設定簡単

設定は取っても簡単です。 説明書は日本語で、ネットワーク接続設定画面は日本語(とはいっても少し片言のですが)に変更することが出来、設定自体は困らないと思います。 アクセスポイント、リピーターに対応。 接続はいわゆる11b/g/nの2.4GHzのみ対応というのが少し残念ですが最大速度300Mbpsまでの通信が可能なので実用上はこれも問題ないかと思います。

 

WP_20170606_15_57_49_Raw_LI

 

デザイン良好

本体すぐコンセントのシンプルなデザイン。 LAN端子が一つあるだけで基本的に無線で繋ぐ物です。

前面のWi-Fiマークは通信状況をランプでお知らせしてくれます。

 

レビュー

最近タブレットを持ち歩くことが多く、安定しない部屋があったので今回中継器を導入。

説明書は日本語の物がついており、設定にはパソコンを使ってネットワークの設定を行います。 操作画面も日本語ですし、説明書通りにやればそれ程難しくありません。 接続が完了すればメニュー画面が開くので後はアクセスポイントを設定すれば中継完了。 コンセントに繋ぐだけで快適にネットを繋ぐことが出来るようになります。

欠点はコンセントに直接差すのでコンセントが大半の場合隠れてしまうことで、延長コードも一緒に買った方が良いかもしれません。

価格も非常に安いので、電波が悪いと思ったら試しに買っても言い製品かと思います。

 

クーポン

なんと下記のコードを使えば28%オフで購入可能!

 

→dodocool 無線LAN中継器ワイヤレスAP/リピータ/Wi-Fiルータ Amazonページへ

 

Amazonクーポン:

4IZ7SFUQ

 

2017年7月9日までとなっています。

 

-周辺機器, 周辺機器レビュー
-, , , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.