ニュース

iOSインストール型ウィルスについてAppleが正式コメント。

 

先日から何かと話題になっているiOSシリーズで感染するおそれがあるウィルス。

セキュリティ企業Fireeyeによりますとウェブサイトでダウンロードしてしまったアプリにより

既存のiOSアプリが書き換えられウィルスに感染する可能性があるとのこと。

 

 

iPhone-Virus[1]

 

アップルが教える自衛策

・Appstore以外からアプリをダウンロードしない

・アプリをダウンロードする際の警告画面はよく読むこと

・企業ユーザーは会社以外のサーバからアプリをダウンロードしない

・知ってる名前のアプリでもよくわからないサイトからダウンロードしない

・信頼されていないデベロッパと表示されたら信頼しないを選ぶ。

 

 

iPhoneteqではこれに加えて

・もし感染したアプリが出たら削除してAppstoreからインストールし直す

ことをおすすめします。

またGBA4iOSなどのエミュレータもこの方法を使ったアプリのため

不安な方はiEmulator.comのりようを控えたほうがいいかもしれません。

 

 

過去の関連記事

インストール表示に気をつけて!

未脱獄iPhone向けウィルスが登場

 

 

iPhone 5s 16GB au [ゴールド]
iPhone 5s 16GB au [ゴールド]

posted with amazlet at 14.11.18

アップル
売り上げランキング: 7,240

 

--

 

未脱獄でも感染するおそれがある今回のウィルスは

気をつけておくことが大切です。

 

スマホでもセキュリティが問われる時代になってきましたね。

-ニュース
-, , , , ,

Copyright© iPhoneteq , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.