ニュース

iPhone製造会社はアップルからの注文減少を恐れている。

ロイターは中国におけるApple iPhoneの製造工場が新型コロナウィルスが原因でロックダウンされ、数ヶ月後に再開したことを報告しています。 しかし世界経済はパンデミックにより、現在急激に落ち込んでおり、iPhoneの需要も衰退することが懸念されています。

需要の減少は今年後半に既存のApple iPhone 11 ラインナップと今後発売されるiPhone 5Gの売り上げに影響を与えるものとなります。 いまのところ5G仕様のiPhoneの開発は遅れているということですが、2020年9月の発表にはまだ間に合う可能性はあります。 しかし一部の製造工場は既にAppleからiPhoneの注文が10%落ちると予想しています。

「既に中国では人や物資の不足について話している人はいません。 今は誰もがアメリカやヨーロッパでの需要が戻ってくるかを見ています」という関係者のコメントもあるとのこと。

一方で一部のサプライヤーはアップルからの注文減少を予想してはいません。 センサーメーカーは昨年よりも良くなると予想しており、1ヶ月前にアップルが予想した通りに製造を続けるとしています。

Apple's factories are running, but suppliers wary about iPhone demand - Reuters
Apple's factories are running, but suppliers wary about iPhone demand - Reuters

As China reopens its economy after months of lockdown, Apple Inc's iPhone factories are largely up a ...

続きを見る

 

--

 

0 0 vote
Article Rating

-ニュース
-, ,

0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x

Copyright© iPhoneteq , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.