ニュース

iPhone工場、労働法違反を認められる! アップルは改善を約束。

世界中で使われているiPhoneの殆どは中国のFoxconnで組み立てられています。 この工場の多くは派遣労働者で、労働法違反ではないかと以前から度々挙げられるような写真や記事がありましたが、人権擁護団体が報告書を作成しアップルとFoxconnが問題を認めました。

 

派遣労働者が多すぎる

派遣労働者は10%以下にしなくてはならないという労働法がありますが、実際には2018年時点で55%が派遣労働者だったと指摘されています。

 

改善を約束

アップルは調査結果を受け止めており、Foxconnと連携して問題の早急な解決に取り組んでいるとコメントしています。

アップルは他にも学生インターンを禁止している夜間労働もさせていると指摘されています。 正しこれは本人の希望でありアップルは適切な手当も払っていたと説明しています。

 

問題は根深い?

アップルのiPhone製造を巡っては様々な問題が指摘されています。 中国生産による米国への貿易関税が高くなったことや、今回の労働問題、複雑化するスマートフォンの製造など簡単には今のプロセスを変えられないのではないかという声もあります。

Bloomberg - Are you a robot?
Bloomberg - Are you a robot?

続きを見る

サプライヤー責任 - Apple(日本)
サプライヤー責任 - Apple(日本)

Appleの製品作りのプロセスには、私たちの価値観が息づいています。その一つが、サプライチェーンで働く人たちや地球環境を大切にすることです。

続きを見る

--

-ニュース
-, , ,